熱湯を注ぐだけ! 太らない「夜食」はコレに決まり!!

熱湯を注ぐだけ! 太らない「夜食」はコレに決まり!!

みなさん、こんにちは。
食べ痩せスリムデザイナーの藤井香江です。

代謝アップの栄養素といえば、ビタミン、ミネラル、食物繊維。これらの豊富に含む食材は、海草類やきのこ類など。ですが、毎日調理するのは大変ですよね。

そこで考えたのが血糖値ダウン効果はもちろん、お通じ解消にも役立つ「ネバネバ食材の素」です。これさえ作っておけば、汁ものに入れたり、納豆と混ぜたり、いろいろな使い方ができてとっても便利です。

栄養素で言えば、血糖値を下げて、腸の調子を整える「水溶性食物繊維」がたっぷり摂れること。毎日のお通じがない方はぜひ、試してみてください。

特にごはんやうどん、そば、糖質を摂るときには食べ合わせることをおすすめします。上から熱湯を注げば、お夜食としても最適なネバネバスープの出来上がり。

それでは、作り方をご紹介します。


レンチンで1発!ダイエットの強い味方「ネバネバ食材の素」の作り方

レンチンで1発!ダイエットの強い味方「ネバネバ食材の素」の作り方

■材料(3回分)
おくら 1パック
なめこ 1パック
めかぶ(乾燥) 1パック
わかめ(乾燥) 大さじ1

■作り方
1. わかめとめかぶを戻す。戻し方はパッケージの表示に従ってください。

2. オクラはよく洗い、スライスする。

3. なめこ、オクラを耐熱の器に入れ、ふんわりラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱する。粗熱がとれたら、全て材料を保存容器に入れて、冷蔵庫で保存する。冷凍も可。

元祖ネバネバ食材♪ 納豆プラスで代謝アップ

元祖ネバネバ食材♪ 納豆プラスで代謝アップ

ネバネバ食材の代表といえば、日本の食卓には欠かせない「納豆」。
納豆をネバネバの素に合わせると、さらに効果アップ!!

「畑の肉」とも言われる大豆。そこからできる納豆には、 タンパク質やナットウキナーゼ、イソフラボン、大豆サポニンのほか、 数多くの栄養素が含まれます。

筋肉や髪の毛を健康に保ったり、血液をサラサラにしたり、40代以降に気になる骨粗鬆症などの予防にも効果を発揮すると言われます。 

よかったら参考にしてみてくださいね♪

フードエッセイスト/藤井香江





 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人