1,848
会社帰りのメイク直しにプラスして、“旬顔”をGET!


会社帰りのメイク直しにプラスして、“旬顔”をGET!

クリスマスやイベントが多くなるこの季節、会社終わりのアフターファイブに、ちょっとメイクをプラスするだけでパーティー顔にシフトできたら嬉しいですよね!

パーティーだからといってギラギラと派手なメイクはNG! かえって古くさい顔になってしまうこともあるので注意です!

今日は少しのアイテムで“旬顔”になれる、パーティーにぴったりのプラスαメイク術をお伝えします!

目元は涙袋強調&ボルドーラインが可愛い♪

目元は涙袋強調&ボルドーラインが可愛い♪

ブラウン系のアイシャドウを塗っている方はそのままで、それ以外のカラーを塗っている方は少し薄くしてからちょい足しメイクをスタート!

<step1 >

下まぶた目頭から3分の2の幅に、薄いベージュかピンクのパールアイシャドウをぽんぽんと塗って指でなじませる。こうするだけで涙袋がぷっくりとして、目が大きくぱっちりと見える効果が。

<step2>

最初に上まぶたの目頭から目尻まで、黒か薄いこげ茶のアイラインが細く引いてあるとベスト!

何も引いていない方も、マスカラだけは必ず塗りましょう。

次に上まぶた黒目の終わり部分から目尻に向けて、ボルドーのアイライナーでラインを引きます。

目尻は2ミリほど目からアウトに描いて、少しだけはね上げるとセクシーな眼差しが完成します。

目頭から目尻までがっちりボルドーラインを引いてしまうと、かえって目が小さく見えたり、派手になりすぎたりすることも! でも、目尻だけの部分アイラインなら、とってもおしゃれで素敵です。

ハイライトパウダー&ベリー系リップで美肌を演出

ハイライトパウダー&ベリー系リップで美肌を演出

夜のライティングの下で肌がキレイに見えるように、薄いピンクかパープルのハイライトパウダーをTゾーン、チークの上にふわっとひと塗りします。

ピンクやパープルは透明感を引きだし、くすみやクマを一掃してくれるのでおすすめ!

リップは今年流行の赤やベリー系を塗りましょう。

濃過ぎるリップはちょっと…という方は、リップを直接唇の中央に塗った後、指でぽんぽんと優しく塗り広げていきます。こうすると濃いリップもナチュラルに馴染み、ラフな仕上がりになります。

赤やベリー系のリップは日本人の肌に良く似合い、美肌に見せてくれる効果もあるから、ぜひお試しを!

ちょい足しメイクテクで、仕上がりはいつもよりぐっと華やか美人度アップ!

キラキラオーラを身にまとって、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしくださいね!

新見千晶

この記事を書いた人

  • 新見 千晶
  • 新見 千晶

    ヘアメイクアップアーティスト。 女性誌、ファッション誌、広告、CMなどで幅広く活躍中。また多くの女優やモデル、タレントのヘアメイクも担当してい る。豊富な知識から著書も多数出版。代表作の「一重・奥二重さんの魔法のメイクBOOK」はAmazonランキングで1位を獲得し大ヒット!

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!