糖質を摂り過ぎているのかどうかの確認方法

糖質を摂り過ぎているのかどうかの確認方法

自分は我慢しているのに、友達は美味しそうにパスタを食べ、付け合わせのパンを食べ、最後に生クリームたっぷりのチョコレートパフェを食べているのに、まったく太っていない。

そんなことも、あるかと思います。

ご飯よりパン食が多かった家で育ったり、おやつにドーナツや甘いものばかり食べていると、糖質の消化に必要な酵素を使い切ってしまっているケースがあります。

自分の摂取している糖質の量が適正か知る方法は、血液検査が一番いいです。

ですが、病気でもないと血液検査をする機会はないので、自分で糖質量が適切かを調べる簡単な方法をお伝えします。

それが自分の舌を確認する方法です。


舌苔の状態で、自分の糖質摂取状況が分かる

舌苔の状態で、自分の糖質摂取状況が分かる

朝起きて歯磨き、うがいをした後などに、鏡の前であっかんべーをしてしてください。

その際、舌に白い苔のようなものが付いているのかどうかを確認します。

この白い汚れは舌苔(ぜったい)といい、舌にびっしりと付いているようなら、糖質の摂り過ぎの恐れがあります。

糖質の摂り過ぎは、すい臓、肝臓を使い過ぎているということなので、血液循環が悪くなり、舌苔がこびり付く可能性が高まるためです。

糖質の摂り過ぎなら、糖質を抑えた食生活を!

糖質の摂り過ぎなら、糖質を抑えた食生活を!

舌が舌苔で白くなった時は、うっすら白い苔で覆われたピンク色の舌になるまで、ちょっと糖質を抑えましょう。

例えば、

普段コーヒや紅茶にスティック1本いれている人は、半分だけにしてみる。

一日の食事で、夜だけ玄米にしてみる。

麺類を食べるとき、うどんやパスタではなく十割蕎麦を選ぶ。

鏡を見て舌の色がいい感じにピンク色になったら、また好きなものを食べて幸せを感じましょう。

「何事もほどほどに」が、ダイエット成功につながります。

ダイエットアドバイザー/清水理恵





 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • ダイエットアドバイザー兼メンタルコーチ

    清水 理恵

    好きなものを食べて痩せる“清水式ダイエットプログラム”が人気!

    AUTHOR’s page >