ストレッチは正しい方法でやらないと効果がない!?

ストレッチは正しい姿勢で!身体を柔らかくする立位体前屈のコツ

皆さん、日頃のセルフストレッチはされていますか?
ストレッチをすると固まっていた筋肉が伸びるので、身体が動きやすくなったり、疲れが取れたりしますよね。
しかし、正しくストレッチをするというのは、意外と難しいものなのです。
自分がどこを柔らかくしたいのかを、しっかりイメージしなければなりません!

柔軟性と言えば「立位体前屈」がいちばん分かりやすいと思います。



どっちが正解?立位体前屈の正しい姿勢とは

どっちが正解?立位体前屈の正しい姿勢

上のAとBの写真で、あなたが正しく前屈してると思うのはどちらですか?
「前屈なんだから膝が曲がっちゃダメじゃない!!」
と思った人も多いかもしれませんが、この2枚であれば正しい前屈はAです♪

Bは膝は伸びていますが、骨盤が全く前傾していなくて、股関節が動いていません!
しかしAは膝が曲がっていても、骨盤が前傾し、股関節からしっかり倒れているのが分かってもらえると思います。


ストレッチは伸ばしたい筋肉を意識して!

ストレッチは伸ばしたい筋肉を意識して!

皆さんが前屈をする理由は、股関節やハムストリング(太ももの裏側の筋肉)を伸ばしたいからですよね?

であれば、背中を丸めた前屈はあまり効果がありません!!!
目的にしているストレッチがあるなら、そこを動かせるように、正しい姿勢、正しい方法で行いましょう!

ストレッチトレーナー/SSS(スリーエス)

この記事を書いた人


 記事に関連するキーワード