2017年春の流行色を、自分らしく取り入れる



日本人女性のファッションおける、「右向け右!」の時代は終わったように感じます。
もちろんファッションや美容に流れはありますが、個人の選ぶ自由、趣向が入る時代になりました。

80~90年代は誰かさんが「このリップカラーがいい!」というと、街中の女性の唇が同じ色だったのが記憶に残っています。そのカラーが日本人の肌には馴染みが悪く、ちぐはぐな印象を持つカラーさえ流行っていたものです。

では、2017年春の流行色はどうでしょうか?
ファッションメゾンごとに、様々なカラーやテーマが見受けられます。

私が特に注目しているのが、次の3色。
渋みのあるイエロー「マスタード」、まるで深海のようなブルー「アビス」、くすんだ春もやのようなピンク「スモーキーピンク」。今回は、この3色を使った美しい春ネイルのご提案をしてみようと思います。



マスタード×アートフラワーネイル「クラシカルブーケ」

マスタード×フラワーネイル「クラシカルブーケ」

2017年も引き続き人気のクラシカルテイスト。
ベースカラーを透けるように作って、流行のシースルーも押さえて、そこに大きなユリと野の花たちを描き入れて優雅に。マスタードカラーで全体を引き締め、まさに大人の花束のようなデザイン。
(ジュエリージェルの「スパイシーマスタード」使用。)


アビス×レース柄ネイル「レディ・ダンディ」

アビス×レース柄ネイル「レディ・ダンディ」

媚びない女のドレスアップをテーマに。
メタリックの濃紺が、まさに深海のアビスです。ダンディなカラーに相反して、ドレスなレースをたくさんあしらってみましょう。
"レディ・ダンディ"とは、粗野な女のことではないんです!「仕事も心も自分の物」な最高にかっこいい女性のことなんです。
(ジュエリージェルの「メタリックMT036」使用。)


スモーキーピンク×桜ネイル「桜 花いかだ」

スモーキーピンク×桜ネイル「桜 花いかだ」

春、毎年人気の桜ネイル。
今年は和洋シーンを問わない桜デザインをおすすめします。
スモーキーピンクは、日本人の肌によく馴染みます。ミセスやマダムの肌も、このカラーで美しく見せることができます。
花筏(はないかだ)を、あなたの指先に浮かべてみては……。
(ジュエリージェルの「スモーキーピンク」使用。)



今私たちは、ファッションやメイクアップの大きなテーマに乗りながら、好きなものを自分で選択できます。最高に素敵で、最先端の自分になれるのです。1色ではない、流行色のマジックをまとって、自由な「わたしネイル」を楽しみましょう。

右向け、右、向~かないっ!



ネイルアーティスト/田邉 薫(mini-ka SURGA)





 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • ネイルアーティスト

    田邉 薫

    ネイルアーティストは美しい爪で自信をつけさせる“魔女”

    AUTHOR’s page >