『タータンチェック』

『タータンチェック』

タータンチェックは、多色の糸で綾織にした格子柄の織物のことです。

格子柄そのものもタータンと呼ばれており、特に日本ではタータンチェックと称されています。

スコットランドの民族衣装としても有名で、根強い人気を誇る、もはや代表的なチェック柄ですね。


ワンポイントで使う。

ワンポイントで使う。

冬になると、ダークトーンで落ち着いた色味のコーディネートになってしまいがちですよね。

そんなときは、ストールのカラーを明るい色にするだけでも、こんなに明るい印象になります。

『トーンオントーンチェック』

『トーンオントーンチェック』

トーンオントーンチェックは、色調の重ね合いという意味を持つ、2色以上のラインを格子状に組み合わせたデザインの総称です。決まった柄はなく、さまざまな柄パターンがあるようです。

こちらも定番なので、お店でもよく見かけますね。

落ち着いたトーンでまとめて大人っぽく

落ち着いたトーンでまとめて大人っぽく

トーンオントーンチェックは、柄がはっきりしているものが多いので、合わせ方を間違えると子どもっぽい印象になってしまいます。

落ち着いたカラーで合わせると、大人のカジュアルスタイルになります。

『ガンクラブチェック』

『ガンクラブチェック』

ガンクラブチェックは、同色系の濃淡、または2色以上を使った格子柄です。

タータンチェックや、トーンオントーンと違い、柄が細かく、大人っぽい印象になります。

画像のような、ブラウン系のガンクラブチェックのスカートには、ボルドーのパンプスでカラーを取り入れると華やかさがプラスされます。



今回は、さまざまなチェック柄についてご紹介させていただきました!

いかがでしょうか?

チェックの大きさや色で印象も変わって見えるので、ぜひこちらの記事を参考にチェック柄コーデを楽しんでみてください!





 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人