4,663
金魚ネイルは夏のしるし!バリエ豊富なアートを描く

金魚ネイルは夏のしるし!バリエ豊富なアートを描く

サロンブログの検索キーワードに「金魚ネイル 描き方」が上がるようになってきました。ネイルサロンにも、いよいよ夏到来です!毎年サロンで大人気の金魚。お客様をお迎えする時、私は様々な「金魚アート」を用意しておきます。同じモチーフでも、お客様の求めるテイストは千差万別。それをネイルアーティストが把握するには、バラエティーに富んだネイルサンプルを用意してくことが必須です。このサンプルが、お客様の求めるネイルの道しるべになります。

お花×金魚など、テーマ別にモチーフを描きわける方法とは

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿

お花×金魚など、テーマ別にモチーフを描きわける方法とは

具体的なネイルサンプルの作り方を、金魚で考えてみましょう。

初めに、流れるように泳いでいる金魚が描けること。水の流れまで見えるような、S字のラインの中に金魚を描いてみましょう。これだけで、説得力のある力強いアートになってきます。リズムも流れもない、落ち葉のような金魚ではダメです。

次に、同じ金魚というモチーフに、違ったテーマを付けます。流れ、透け感、大人、涼、コミカル、など。このテーマを元に描きわけを行えば、自ずと違ったデザインが産まれてきます。すぐに描きわけが難しいという方は、様々な金魚の絵を用意して、テーマ別に分類するところから始めてみるといいでしょう。

波×金魚で透け感を表現。ネイルの上でアートを楽しむ

波×金魚で透け感を表現。ネイルの上でアートを楽しむ

デザインを再現できるネイルアーティストに出会えること。それはお客様にとって、とても心強いことでしょう。アートディレクターのように、カラーや好みのデザインを選び、ネイリストが「手」となり具現化する。それはネイルアートを愛する人にとって、至福の時間です。

ネイルサンプルのテイストが多種多様であるほど、サロンのデザイン力が高いと言えます。デザイン力の高いサロンは、ブログもハイレベルな美しいアートでひしめき合っています。最近では基礎を学んだネイルアーティスト達が、デッサン力をも身につけて、説得力あるアートをする時代になってきたように感じています。

田邉薫(ネイルサロンミニカ・スルガ)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • ネイルアーティスト

    田邉 薫

    ネイルアーティストは美しい爪で自信をつけさせる“魔女”

    AUTHOR’s page >

Special 特集