4,275

パステルピンクのメイクで可愛さアップ♪

パステルピンクのメイクで可愛さアップ♪



春メイクと言えば、パステルメイク。

その中でも今回はピンクメイクに注目です。

ピンクと聞くと、皆様声を揃えておっしゃるのが「腫れぼったくなるのでは?」ということ。

そんな方はシャドウを乗せる前に、クリームシャドウのブラウンを先にまぶたに乗せることで、腫れぼったさは解消されます。その上からブラシでふんわりピンクを乗せます。

その他も、パーツごとにピンクを取り入れるポイントをご紹介していきます。

ポイント別ピンクメイクの取り入れ方

ポイント別ピンクメイクの取り入れ方

●ベースメイク

ベースメイクもピンク下地を使用し、ファンデーションはスポンジでポンポン乗せます。

フェイスパウダーさえもピンクを使って、ブラシでふんわりと。

●眉メイク

眉メイクもまずはブラウンペンシルで形を整え、ピンクシャドウをふんわり乗せ、眉もうっすらピンクに。

●アイシャドウ

アイシャドウは、ホワイトのシャドウをベースにピンクのシャドウをブラシで乗せ、ブラウンペンシルでしっかりキワにラインを引きます。

マスカラはブラウンで。

●チーク

チークはスポンジでにじみ出るような血色感が出るように、少しずつ叩き込みます。

●リップ

最後にピンクリップを指で叩き込み、透明グロスを乗せ、ピンク桜メイクの完成です。

個性を出して、ピンク桜メイクを楽しむ♪

個性を出して、ピンク桜メイクを楽しむ♪

個性的にしたい方はピンクのアイライナーやピンクのマスカラもオススメです。

もう春はすぐそこまで来ています。ファッションやヘアカラーも明るくしたくなる季節、メイクもピンクを取り入れてみませんか?

皆様もピンクメイクで女子力アップしましょう!

堀田久美子(Blanche)

この記事を書いた人

  • 堀田 久美子
  • 堀田 久美子

    自分の眉へのコンプレックスから、メイクの研究を始めて美容の道へ。美容室でブライダルメイクの仕事をしながら通信教育で美容師免許も取得。フリーでブライダルのヘアメイクを手掛け、「もっと毎日忙しく働く女性をメイクと内面から美しくしたい」という思いからプライベートサロン“BLANCHE”をオープン。幅広い年齢層の女性のメイクレッスンや、メイクアイテムの同行ショッピングなどで個の魅力を引き出すサポートをしている。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!