鉄板の花柄デザイン。垢抜けポイントは"色合い"

ネイルアートの中でも、花柄は一年を通して鉄板の人気デザイン。

花柄は、可愛いイメージにも大人っぽいイメージにも、デザインによって印象を変えられる万能デザインでもあります。

ただ、色合いによっては重たい印象にもなってしまうので、色使いがとても大切!




花柄も夏は透明感を大切に。トランスカラーを味方につけて

花柄も夏は透明感を大切に。トランスカラーを味方につけて

デザインが重たい印象にならないように、ジェルネイルはクリアベースで(もしくはクリアラメベース)で、涼しげに楽しむのがオススメです。
上の画像のデザインくらいの色合いなら、オフィスネイルにも最適。主張し過ぎないので、さまざまなファッションにも合わせやすいですよ!

淡い色合いにするときには、エアブラシを使うと簡単に透明感のある仕上げりになります。
エアブラシとは、塗料を吹き付けるための専用の機材のこと。ネイルの場合、アクリル絵の具を吹き付けてデザインしていきます。

透明感のあるデザインにしたいときは、さらに使うインクにポイントがあります。

それは、エアブラシのインクを「オペイク」=不透明色ではなく、「トランス」=透明色のものを使うこと。

そうすると、簡単に透け感のある仕上がりになるのでオススメです。

ホログラムを使って奥行きのあるデザインに

ホログラムを使って奥行きのあるデザインに

さらに、デザインのアクセントにホログラムを使うのもオススメ。

上の画像のデザインでは、3種類ほどのホログラムを使っています。太陽光の下で見たときに、まぶしいほどの艶感を表現してくれますよ。

強い日差しも味方にして、夏ネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ネイルアーティスト/鯨岡百合香(Cranberry nail)





 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人