2,304

とんがりコーンにたけのこの里?!お菓子のネイルオブジェ

とんがりコーンにたけのこの里?!お菓子のネイルオブジェ



前回コラムではバレンタインデーのチョコレートネイルをご紹介しました。今回は、同じ「スイーツ」をモチーフにした「お菓子にしか見えない!」ネイルオブジェをご紹介したいと思います。


爪への装着もできる!個性的なお菓子のネイル

爪への装着もできる!個性的なお菓子のネイル

これは、老若男女問わず、コンビニでも買える、「誰もが知っているお菓子」をどこまでネイルオブジェで表現できるか?

…というテーマで、自分に挑戦する意味もありながら制作しました。

「ネイルオブジェ」なので、私のこだわりとして、使用した材料は一般的にネイルアーティストがネイルアートで使うものだけに限定し、作品の裏側にはネイルチップが付いていて、爪に装着可能となるよう考慮した作品です。


色や質感も、より本物らしく。リアルなお菓子ネイル

色や質感も、より本物らしく。リアルなお菓子ネイル

誰でも知っている身近なお菓子なので、できる限りリアルさを追求しようと、全て原寸大で再現し、本物のお菓子を凝視しながら制作しました。

お菓子の種類によって多少の違いはありますが、基本的に本物に近い色のアクリル樹脂で造形をした上で、ジェルとアクリル絵具を、質感を考えて使い分けながら着色して仕上げています。


スカルプチュアの材料を使った形作り

スカルプチュアの材料を使った形作り

アクリル樹脂での造形…と言っても、ピンとこなかったり、樹脂粘土みたいな物? と思われるかもしれませんが、ネイルサロンで「スカルプ」や「スカルプチュアネイル」と呼ばれる、もともとは人工爪を作るための材料なんです。

筆に取ったペースト状の樹脂が固まるまでの一定の時間(約5分)内に、筆先を使って形を作る…という工程を繰り返して少しずつ形を作っています。

その後、やすりをかけて微調整をし、着色して仕上げました。


リアル感を出すため、細部までこだわりが!

リアル感を出すため、細部までこだわりが!

お菓子の焼き色や、チョコレートの質感も、なるべく本物と同じように再現しようと、似た色をたくさん見比べたり、混ぜたりしながら工夫して作りました。

いかがでしょうか? まるで本物みたいと思ってもらえたら嬉しいです。

次回は、スイーツモチーフのネイルオブジェvol.2をご紹介します!


SAYOKO

この記事を書いた人

  • SAYOKO
  • SAYOKO

    日本人初、CHANEL本社広報誌およびフランス版madame FIGARO誌に掲載された国際派ネイルアーティスト。国内外のコンペで上位入賞する高い技術を活かし、新ジャンル”Nail Objet(ネイルオブジェ)”を発表。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!