1,581

目のトラブルの原因にもなる?!危険なセルフマツエク

目のトラブルの原因にもなる?!危険なセルフマツエク



2015年からじわじわと目にするようになった、セルフマツエク。マツエクを維持するのには、やはりお金もかかるため、安値でできるセルフマツエクが普及しています。確かにサロンに行く時間とお金の節約になります。自分でやるので自由自在にできます。

しかし、技術者がいてサロンがあるという理由をしっかり考えてください。無資格営業のお店も中にはまだあるかもしれませんし、サロンで施術をしても目のトラブルになったという方もいるかもしれません。しかし、技術者の私たちは技術と知識を学び、そしてそれを身につけ、対価を頂きサービスの提供をしています。デザインについても日々流行や目の形、まつげの生え方に合うように勉強をしています。

セルフで手軽に誰でも危険なくできれば、私たち技術者は必要ない世の中になると思いますが、今一度セルフマツエクの危険性を考えてみてください。

間違いだらけの情報に惑わされないで!

間違いだらけの情報に惑わされないで!

セルフマツエクをされたお客様数名がサロンにいらっしゃったことがあります。状態を見させて頂くと、まつげは絡まり、何本も切れていて、さらには複数本に束のマツエクをつけている方もいました。グルーがしみて目が痛くなってしまった方や、まつげがもうスカスカになって皮膚にマツエクがついている方も…。

サロンでの施術はまつげ1本にマツエク1本をつけています。そして皮膚につけることは絶対になく、根本から離してつけています。それは目や皮膚を守るためです。

また、グルーが目に入らないように必ず目を閉じて頂き、施術をしています。この時点でセルフマツエクの危険性を感じていただけたでしょうか? 「器用な人なら大丈夫」なんてこともありません。こんな状況から色々調べたところ、ネットには間違いだらけの情報が…。

しみる時には使い捨てのコンタクトレンズをつければ、多少しみることをおさえられる。1本束のものをつけて一気にボリュームアップ…そんな情報を目にしました。また、動画も多く投稿されていますが、見ていて目をつぶりたくなるような怖いシーンがたくさんありました。目にグルーがついているマツエクが入ってしまっていたり、目が充血していたり。危険満載です。危険行為であることをまとめると下記になります。

【要注意!セルフマツエクの危険行為】

●ツイザーで眼球を刺してしまう危険性がある

●グルーがついたエクステが目の中に入り、接着してしまったり、グルーが目の中にまで入ってしまう。

●目を開けて行い、グルーが眼球に触れたことにより、角膜炎、結膜炎などの目のトラブルが起こりやすい。

●まぶたがグルーでくっついてしまう。

●まつげが絡まったり切れたりして、自まつげがなくなったり損傷してしまう。

セルフマツエクは絶対に行わないでください!

セルフマツエクは絶対に行わないでください!

目はとても大切です。確かにサロンでのトラブルもゼロではなく、日々どこかで起こっているかもしれません。しかし、逆を考えれば、マツエクの技術や知識を学んだ者が働いているサロンでもトラブルがある中で、知識も技術も経験もない人が自分の目にエクステをつけることがどれだけ危険かということが分かると思います。私は大丈夫、少しだけやってみようという安易な気持ちで試すことも危険ですので、おやめください。最悪の場合は手術や失明といった怖く最悪な状況にもなりますので、行わないようにしてください。

吉田郁子

この記事を書いた人

  • 吉田 郁子
  • 吉田 郁子

    22歳からマツエク業界に従事。台湾に渡り台北でマツエクサロンを開業。7年間活動後帰国し、マツエク業界発展のため、技術指導、講演、サロン運営に取り組む。32歳。松風公認エデュケーター。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!