簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
43,691

前髪を変えることで、小顔効果をUPさせる♪

前髪を変えることで、小顔効果をUPさせる♪

ヘアスタイルの中で、特に印象を作るのが顔回り。

顔のフレームとなるヘアスタイルにおいて、前髪から首回りにかけてのインナーラインには、小顔効果を握る大切なポイントです。

顔立ちの特徴を生かすもカバーするも、デザイン次第でかなりの印象チェンジになるのが前髪。長さを伸ばしている過程で何かしらの印象の変化が欲しい時も、このパーツのデザインチェンジで遊んでみるのもいいでしょう。



簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
ふっくらピン♪夏のスキンケアに救世主!女優肌に導く驚異の成分とは

子供っぽく見える丸顔をカバーしたい時!

子供っぽく見える丸顔をカバーしたい時!

いつも子供っぽく見えてしまう、丸顔をカバーしたいなら、こちらの前髪スタイルがおすすめ。

おでこから顎にかけて、縦に印象を引っ張るのがポイント。

鼻の頭からリップくらいまでの長めの前髪で、6:4くらいで分け目を作り、おでこを見せます。

ピッタリとするよりも、根元からふわっとかきあげたりして、やや立体感を持たせることで、大人っぽくも、優しい印象に。

耳前のパートは、顎ラインに長さを置いてもらって、前髪と自然なつながりを持たせれば、耳にかけた時も顔の横幅をカバーしてくれます。

同時に、てっぺんも根元をふんわりさせて上にボリュームを作ることで、縦の印象がよりプラスされて、すっきりとした顔型に見えます。


きつく見られがちな面長をカバーしたい時!

きつく見られがちな面長をカバーしたい時!

きつく見られることが多い気がする、面長をカバーしたい方はこちら。

丸顔さんとは逆に、横に幅を作ることが必要ですので、眉下くらいの長さで前髪を作ってみましょう。

ポイントは、前髪の幅と厚み。

目尻から目尻までを前髪の幅にして、毛先に自然な丸みを持たせることで、横顔のラインものっぺりせずに、女性らしいラインを作ってくれます。

さらに、顔回りにレイヤーで動きをつけることで、横幅のボリュームをつくり、理想の卵型に近づきます。

顔の形だけにとどまらず、目を大きく見せてくれたり、鼻を高く見せてくれたり、前髪はイメージ作りの万能兵器!

美容室で迷ったら、お顔立ちの悩みを美容師さんに相談してみると、きっとあなたのコンプレックスを解消するオーダーメイドな前髪ができるはず。


森武志(Bonheur)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • 美容師

    森 武志

    “技術こそ最高のおもてなし”をコンセプトに日本一の美容室を目指す

    AUTHOR’s page >

Special 特集