そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
4,853
くるりんぱからステップアップのアレンジ“フィッシュボーン”

くるりんぱからステップアップのアレンジ“フィッシュボーン”

三つ編みや定番のくるりんぱなど、セルフヘアアレンジはより身近に楽しめるヘアトレンドになりました。

でも、定番過ぎて人とかぶってしまうこともありますよね。

誰でもできる定番くるりんぱからステップアップしたい!という方にオススメなのが、フィッシュボーン。編みこんだ形が魚の骨のように見えるテクニックです。

海外では「Fishtail Braid」と言われることが多いです。直訳すると「お魚のシッポ編み込み」。こっちの呼び方も可愛くて良いですね♪

意外と簡単!フィッシュボーンの作り方

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
夏のメイク崩れに救世主!トラブル解決に導く驚異の成分とは

意外と簡単!フィッシュボーンの作り方

トップ画像のように複雑な束感が特徴ですが、意外と簡単なので解説させて頂きますね。

①まずは毛束を2つに分けます。

②2つに分けた片方の毛束の外側を分けとります。

③その毛束を、真ん中の毛束の上を通って一番左の毛束に合わせます。

④左の毛束からも同じ要領で少し毛束を分け取り、上を通って右の毛束に合わせます。

交互にこの動きを繰り返していけばフィッシュボーンのでき上がりです。

束感を出すために、柔らかめのワックスをつけておいてもいいですね。

帽子など冬のアイテムにも合うから、トータルコーデを楽しんで♪

帽子など冬のアイテムにも合うから、トータルコーデを楽しんで♪

そのままでも良いですが、より質感を強調するために毛束を引き出して崩しましょう。

しっかり毛束を見ながら、少しだけつまみ出すのがコツです。編みこむのが苦手でもポニーテールの毛先にトッピングするだけで可愛くなるし、ハットやニットなどの小物との相性もバツグン!冬のヘアスタイルがもっと楽しくなりますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

福原慶之(intim hair)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • 美容師

    Fukuhara

    アートなアレンジや技術を持つ職人気質の美容師

    AUTHOR’s page >