2,178
ブロッコリーの栄養価はすごい!

ブロッコリーの栄養価はすごい!

今、巷ではマカやアサイー、チアシードなどの「スーパーフード」が話題ですね。スーパーフードとは、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの含有量が多い、主に植物性の食品のこと。先に挙げたような特殊なものもそうですが、私たちのもっと身近なところにも「スーパーフード」はあるんです。

例えば、ブロッコリー。ビタミンCやE、B群、β-カロテンを多く含み、抗酸化効果が大。ミネラルや食物繊維も含みます。さらに皮膚や粘膜を強化する葉酸、発がん性物質を抑制するインドール化合物も! いつまでも若く健康&キレイでいたいなら、毎日でも食べるべき食材なのです。

緑の野菜と合わせておしゃれなおひたしに

北米女性の間では常識!?劣化しない身体に有用なスーパーフードとは

緑の野菜と合わせておしゃれなおひたしに

そんなブロッコリーですが、マヨネーズや市販のドレッシングで食べると油分が多く、カロリー過多になりがち。おすすめは、ゆでたブロッコリーをだしとしょうゆに浸した「おひたし」。洋野菜と和食って合うの!? と思うかもしれませんが、一度食べてみれば納得の味。だしのうまみをつぼみ(表面のつぶつぶ)の部分がたっぷり含み、ジューシーに! ほうれん草やアスパラガスと一緒に浸せば鉄分などの栄養価がより強化され、見た目にもおしゃれなごちそう風に。おもてなしに出しても◎

「ブロッコリーのおひたし」の作り方

「ブロッコリーのおひたし」の作り方

<材料(2人分)>

・ブロッコリー 1/2株

・ほうれん草 1/2束

・アスパラガス 2本

・市販のだしパック 1袋

・砂糖 小さじ1

・しょうゆ 大さじ2

・削り節 適宜

<作り方>

①ブロッコリーは小房に分け、アスパラは三角形のがくをとって適当な長さに切る。鍋に強火でたっぷりの湯を沸かし、塩適宜(分量外)を加える。ブロッコリーとアスパラガスを入れ、再び煮立ってから2~3分ゆでてザルにあげる。続けてほうれん草をさっとゆで、冷水にとって冷やしてから水気を絞り、適当な長さに切る。

②大きめの保存容器にだしパックを入れ、熱湯100ml(分量外)をかける。砂糖、しょうゆを加えて砂糖を溶かす。

③②に①を加え、冷蔵庫で30分以上浸す。器に盛って削り節をふわっと乗せる。

紫外線やストレス、疲れなどで、私たちの体内にはエイジングの原因となる「活性酸素」が日々発生しています。老化を防ぐためには、活性酸素と闘う抗酸化食材を毎日食べることが大切。このおひたしを週末にたっぷり作り置きしておけば、日々の活性酸素をリセットすることが可能。3~4日もちますし、なんといっても茹でて浸すだけなので手間いらず&失敗知らず! ぜひ、試してみてください。

beautyeditor.jp(調理・文/大塚真里)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人