そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
11,052
ネイルトレンドの流れをキャッチ

ファッションとリンクする!ネイルトレンドの流れをキャッチ☆

ロングスカルプチュア10本にストーンいっぱい。3Dモリモリのネイル・・・10年前に流行っていたネイルアートですね。ネイルサロンに通われている方の9割は超ロングネイルで何も付けないシンプルネイルが珍しかったくらいです。メイクも目を黒く囲ったCOOL系が人気で、いま思えばハデ派手!!!

ですが近年では、メイクやファッションがナチュラル志向になってきています。ネイルデザインもファッションとリンクしているのでもちろんナチュラルな流れに。10本ぜんぶ派手なデコラティブアートよりは、NOストーンの超フラットアートの中で、数本カラー違いやお絵かき風ペイントアート、アニメキャラを再現した痛ネイルなどが人気です。



いまチョイスしたい旬なビジューは大きめパールボール

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
夏のメイク崩れに救世主!トラブル解決に導く驚異の成分とは

いまチョイスしたい旬なビジューは大きめパールボール

流行はめぐると言いますが、最近ネイルにもその兆候が表れていると感じます。

いろいろなSNSで「1本豪華主義」などのタイトルを見るようになりました。

フラットアートの中にも大きめのビジューで目立たせる。そんなネイルが今いちばん旬なアートです。

とくに人気のネイルパーツはパールボール。こちらはボール状になっているため、かなり高さがありますがそこが可愛いですよね!!当店でもかなりBIGなものが人気です。

「ビジューは何で?どうやって付けているんですか?」

ご来店くださるネイリストさんから質問を頂きますので、今回はその付け方(あくまでも私流ですが)と長持ちするのせ方をご紹介しましょう。



パールボールを美しいままで長くキープするためのコツ

パールボールを美しいままで長くキープするためのコツをご紹介!

ボールは、スカルプチュアのミクスチュアで付けていきます。

①クリアパウダーのミクスチュアを少量取ります。(この時少し柔らかい方が密着しやすい。固いと取れやすくなります)

②パールをデザインの中心から付けていきます。少し柔らかいので動かないように固めます。

③デザインができたら、爪とパールの境目を少しずつ埋めていきます。(この時も少し柔らかめで)

④完成したらノンワイプトップコートでパール全体&ミクスチュア部分を薄くコーティングします。

手順はとても簡単ですが、ポイントはミクスチュアを少し柔らかめで取る事。パールは時間が経つとコーティングが剥げてくるので、その予防としてすべてをコーティングします。コーティングによって取れづらくもなります。

ちょっとの工夫でキレイに保てることが分りますよね。他のアイテムもこちらの応用ですので、コツだけ掴めばアートの幅が広がるのではないでしょうか?是非お試しください。


武藤麻希子(STUNNING NAIL)


 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人