9,285
スタンダードなピンク色はフラットアート


スタンダードなピンク色はフラットアートで個性を見せて!!

いまネイルアートは複雑化していますが、OLさんや主婦の方にはやはりシンプルで生活しやすいネイルデザインが人気です。そのシンプルな中にも、かわいい!をできるだけ取り入れたいですよね。

ネイリストはお客様と一緒にデザインを組み立てていくことになりますが、私の場合はまず「フレンチ」「グラデーション」「一色塗り」の3パターンから選んでいただきます。お話していく中で、お客様の思い描いているイメージをいち早く察知することが大切。あまり派手にできないけれど少し個性を出したいという方は、3パターンをミックスしてあげるとデザインの幅が広がりますよ!

人気のペイントアートをする場合は、お肌になじむスキンカラーやパステルカラーで1~2本取り入れると、「シンプルに見えて凝っている!」まさに理想のネイルが楽しめると思います。

繊細レースや3Dフラワーにチャレンジ

1本だけアートしてみる?繊細レースや3Dフラワーにチャレンジ

定番のお花モチーフをレースと合わせるなら、「ピンクはフェミニン」「ホワイトはエレガンス」「ブラックはクール&セクシー」と、カラーによってさまざまな表情を演出できるのでオススメ。

10本すべてに施すと派手に見えてしまう3Dアートや大きめビジューは、たった1本や2本なら使用するカラーによって案外シンプルにまとまることがあります。個性が光るこの時代ですから、フレンチや一色塗りとうまく組み合わせてワンランク上のネイルアートを楽しみたいですね。

ぜひ、少しの工夫から自分らしさをのぞかせてみてください!

志塚玲子(NAIL SALON RIN′S)

この記事を書いた人

  • 志塚 玲子
  • 志塚 玲子

    ローズネイルスクール講師、acegelインストラクター。コンテスト優勝歴多数、海外でも人気のネイルアーティスト。ジェルの特徴を操る個性的なアートはファッションセンスと共に注目されている。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!