2,053

2015.02.20

大好きフラワーモチーフ★春だから!ネイルに花を咲かせてみて





春色が目白押しなこの時季、カラフルな花柄を身にまといたくなる

本日のネイルデザイントークは春のネイルアートについてお話します。寒い冬ももうじき終わり。次第に暖かくなり、春を感じる感覚が楽しいシーズンが始まります。長い冬を終えて迎える梅や桜の開花。冬眠を終えて一気にふきだす様に咲き始める新緑の葉や花。これらを眺めることHappyな気持ちに浸れますよね。

これからの時季にぜひ取り入れていきたいマストネイルデザインはそんな開花シーズンに合わせたライトグリーン(新緑の色)やネオンパステルカラーをふんだんに使ったFlower Artです。思い切り大胆に!カラフルに!が、ポイントです。春満載に仕上げましょう。その時に必ず使って欲しい旬な色はピンク・オレンジイエロー・ライトグリーン系のネオンカラーと、パステルカラーです。

特に芽吹く新芽のようなライトグリーン(とても明るい黄緑色)と、明るいピンク。他のシーズンでも使える万能色のブルー、パープル、レッドあたりは少なめに。


愛されるフラワー柄ネイルはやっぱり必須❤上手な作り方を伝授!

ロマンティック・エレガンス・プリティー・・・。この3大アイテムが嫌いな女子は少ないですよね。ネイルサロンにおけるアートサンプルチップでもこの3種に特化したデザインは、季節に関わらず多くのお客様に愛されるデザインです。

アートセミナーでもよく生徒さんにお話ししますが、ネイリストさんでも、もし作るアートに悩み、案が浮かばない時にはこれらから連想するものを作れば間違いないはずですよ♪


スプリングカラーで花柄を描いてみる!春を感じるネイルデザイン

ざっくり大胆でも構いません。イメージは花柄のワンピースです。それはきっちりと線で花びらを正確に描かないでも大丈夫。勇気を出して、わざと外したようにボカしてみたり、歪んだ線を描いてみてください。「崩す」ことがポイントです。

大げさにいえば不揃いで色違いな大きめのドットを適当に連ねるだけでも、配置バランスさえ間違えなければそれらしく、自然に咲いているお花のように見えます。

配置バランスとはアートの置き位置のことで、葉っぱやお花をどこに置くか迷った時には、いったん視界をはずして遠い目線から爪全体を眺めましょう。集中して爪に近づきすぎて描くと一点ばかりを見てしまって配置が見えにくくなり、不自然な場所に葉っぱをつけてしまったり、同じ大きさや向きの花ばかり癖で描いてしまいます。必ず遠目からの配置バランスチェックをしてみてくださいね。きっといつもと違う素敵なものが作れます。

岩井香(Premiere Nail)

この記事を書いた人

  • 岩井 香
  • 岩井 香

    デザインスカルプチュア、3Dネイルアートなど独創的な技術が得意。海外メーカーの教育活動とネイリストの技術向上のため世界中でセミナーを開催。日本人では前人未到のロシアネイルグランドチャンピオンを誇る。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!