ホワイトグラデーションネイルは、難易度が高いテクニック

ホワイトグラデーションネイルは、難易度が高いテクニック

ホワイトグラデーションは王道ネイルですよね。

一言にホワイトグラデーションといっても、ホワイトの色合いはさまざまです。
乳白色から、青みがかってハッキリしたホワイトまで、広いバリエーションがあります。

ホワイトグラデーションをきれいに作ることは、実はネイリストにとっても難易度が非常に高いのです。
地爪とグラデーションの色味が合わなかったり、色ムラが起きやすいため、ホワイトグラデーションには高い技術が求められます。

こちらのデザインも、ホワイト一色で作っているわけではなく、実は4色のカラーを使っています。



ホワイトグラデーションを美しく仕上げるポイントとは?

ホワイトグラデーションを美しく仕上げるポイント

ホワイトグラデーションを作る始まりは、まずネイルベッド(自爪のピンク色の部分)の色合いを整えることから。
まず、トーンの異なった3色のベージュカラーを使って、自爪のカラーを肌の色に合う自然な色に調節します。

そして、エアブラシという機械を使って、爪先にホワイトグラデーションを描いていきます。
この場合、青みがかった明るいホワイトではなく、自然なホワイトに仕上げていきいます。

真っ白すぎない自然なホワイトグラデーション。
あなたの手に似合うホワイトカラーを見つけてくださいね!

ネイルアーティスト/鯨岡 百合香(cranberry nail)

この記事を書いた人


 記事に関連するキーワード