4,690

図解付き!練習のコツを伝授♪痛ネイルを爪の上手に描く方法

図解付き!練習のコツを伝授♪痛ネイルを爪の上手に描く方法



私が描いてた頃より、痛ネイル、模写ネイル…かなりいろんな方々をFacebookやインスタグラムなどで見かけるようになりました。ぶっちゃけ、絵が描ける方には簡単なこのアート。チップで時間をかけて描いている方の方がまだまだ多いですね!

直に爪に行く前に、まず練習のコツを今回はご紹介したいと思います。

直に爪に行く前に、まず練習のコツを今回はご紹介したいと思います。

まず、チップの表面を軽くサンディング、細かく傷をつけます。下書きをするのでこの方が鉛筆、シャーペンなどで描きやすいのです。描きたいキャラクターのだいたいのバランスを描きます。

着色はちょっとずつちょっとずつ進めていきましょう♪

着色はちょっとずつちょっとずつ進めていきましょう♪

次に、下書きを参考にしてだいたいの色を乗せていきます。ジェルを沢山塗って、厚ぼったくならないように、チョコチョコUVライトで仮硬化しながら進めていきます。

キャラクターに輪郭線を足していって、命を吹き込みましょう♪

キャラクターに輪郭線を足していって、命を吹き込みましょう♪

次に、細く輪郭線をひきます。絵の具ならやり直しがききますが、ジェルで頑張りましょう。

キャラを印象的に仕上げるには、影や目の光を上手に取り入れて♪

キャラを印象的に仕上げるには、影や目の光を上手に取り入れて♪

その後、影になる部分を加えていきます。するとだんだんそれっぽくなっていきます!

最後にポイントマークや、目の光など、強調したいところを描きこんでいきます。コーティングのジェルを塗って硬めで終了です!

大きなチップで練習して、だんだん小さくしていくとよいですね!

そして、直に爪に描く時は下書きなしでいきたいので、まずは色んなキャラクターを練習しましょう。 直に描く時は、1キャラ20分〜30分くらいで描けないと、全体でものすごく時間がかかってしまいます。それはまた別の機会に…to be continued

太田さくら

この記事を書いた人

  • 太田 さくら
  • 太田 さくら

    大胆なデザインと繊細なタッチのアートにファンが多く、多くの著名人を担当。メディアでも活躍するほか、講師活動などネイリスト育成にも力を注いでいる。執筆をはじめネイル以外の多方面にも活躍の場を広げている。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!