7,082

【デザイン①】絵の具の“にじみアート” で描くふんわりフラワーネイル

【デザイン①】絵の具の“にじみアート” で描くふんわりフラワーネイル



まず、絵具を使ったデザインをご紹介します♪ 最近では様々なジェルアートが溢れています。同じ物を描くにしても素材を変えるだけで印象ががらりと変わってきます。

絵の具の“にじみアート” で描くふんわりフラワーネイル

使う絵の具は、アクリル絵の具。まずベースになるカラーを塗り、硬化させます。

さらにマットコートを塗り硬化させ、未硬化ジェルを拭き取ります。

表面がしっかり乾いたら、お水に溶いてジャバジャバにした絵の具をジェルの上ににじませます。さらに乾いたら、また同じように絵の具を乗せると、透き通ったような品のある柄になります。

絵の具の“にじみアート” で描くふんわりフラワーネイル

「こうあるべき」という固定観念から抜け出せるとアートの世界は無限になり、素敵なデザインが生まれてきます。

【デザイン②】筆使いや筆の特性を生かして描くネイルアート

【デザイン②】筆使いや筆の特性を生かして描くネイルアート

次は、筆の特性を活かしたアート。筆の良さを最大限に生かしながらデザインすることができると、これまで以上にクオリティの高いアートにすることができます。

筆使いや筆の特性を生かして描くネイルアート

髪の毛をとかすコームのように、隙間がスカスカになったブラシを使用することで、毛皮をイメージしたアートを描くこともできます!



筆先の丸いラインを使った花びらアート。こちらは、筆に白と赤、白とグレーのように2色のカラーを取り、花びら一枚一枚を筆の圧で大きさを変えて描いていきます。

【デザイン③】人気のスモーキーカラーをベースに、ポイントとしてアートを♪

【デザイン③】人気のスモーキーカラーをベースに、ポイントとしてアートを♪

最近ぐんと増えたデザインといえば、グレーの混ざったトレンドのスモーキーカラーが大人気です。

人気のスモーキーカラーをベースに、ポイントとしてアートを♪

全体でカラーを3色使って、一本にアクセントを加えたり、アクセントになるところだけ色を変えたり、簡単なアレンジでランクアップできます。

ぜひ、お気に入りのネイルデザインを見つけて、手元からオシャレを楽しんでくださいね♪

安齋梨恵(Vivian Nail Salon)

この記事を書いた人

  • AUTHORs編集部
  • AUTHORs JAPAN BEAUTY

    「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロフェッショナルが、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(オーサーズジャパンビューティー)

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!