デキる女の“生理術”!生理のユウウツを乗り切るコツって?!
2,671
オフィスでもOK!大人エレガントなクリスマスネイル

オフィスでもOK!大人エレガントなクリスマスネイル

クリスマスネイルが女性の指先と心を彩る楽しいシーズン!

大流行中のエンボスのニットネイル、クリスマスカラーのノルディックネイル、この季節だからこそストーンがきらめくビジューネイル…どれもこれも本当に素敵で、制作しているネイルアーティストもわくわくします。

しかしながら、全ての方にイベント感が満開のネイルカラーが許されているわけではありませんよね。今日はそんな方のために、オフィスでOKなネイルカラーによる、エレガントなクリスマスネイルのデザインをご紹介します。

シンプルカラー+白のフラワーネイルでさりげない華やかさを

デキる女の“生理術”!生理のユウウツを乗り切るコツって?!
夏のメイク崩れに救世主!トラブル解決に導く驚異の成分とは

シンプルカラー+白のフラワーネイルでさりげない華やかさを

今回使用したベースカラーは、ダメージネイルケアができるトリートメントジェル(販売元ジュエリージェル)のTR03ベージュ。

クリアピンク、ピンクベージュ、ベージュの3色は、どれもオフィスで◎を頂けるカラーだと思います。これらのカラーの上に、ホワイトを使って強弱をつけた透けるような大輪の花を、柔らかく描き入れます。あらかじめ花の中心になる部分には、ブラウンやローズピンクを薄く入れておくと、遠近感も出て素敵です。

花びらの一部をふんわりゴールドのラインで囲めば、まるで「金継ぎ」(割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、継ぎ目を金などで飾る日本独自の修理法)された陶器のような美しさに。

10本アートは無理な方も、こっそり薬指や小指くらいはネイルアートを楽しんではいかがでしょう?

12月の激務。指先にネイルアートが1本咲いていれば、頑張る気持ちも後押しされるものです! 私は「女性は美しくなれば、強くなれる」と信じています。

簡単セルフケアですっぴんキレイな手元を作る方法

簡単セルフケアですっぴんキレイな手元を作る方法

ネイルアート全てができない方も、諦めないでください!

寒さと乾燥が厳しくなる冬には、しっかりケアされた手元だけでも輝いて見えるものです。ネイルサロンでしっかりウォーターマニキュア(お湯を使った爪と甘皮のケア)をしてもらいましょう♪

また、セルフケアとして簡単で効果的な方法もあります。それは化粧水をたっぷり手肌に染みこませた後に、ハンドクリームを塗ること。これだけです。化粧水は安価なものでも構いません。とにかく水分の後に、油分で蓋をすることです。お顔同様、手肌にも優しい贅沢をさせてあげてください。愛情をかけた分だけ返ってくるのが、美容のいいところなのですから。

田邉薫(ネイルサロンミニカ・スルガ)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • ネイルアーティスト

    田邉 薫

    ネイルアーティストは美しい爪で自信をつけさせる“魔女”

    AUTHOR’s page >