1,730
ネイルオブジェで表現した、ハロウィンネイルのカタチ


ネイルオブジェで表現した、ハロウィンネイルのカタチ

ハロウィンが近づいてきましたね!

ネイルオブジェ × ハロウィン= ??

「私らしいネイルアートでハロウィンの作品を作りたい」と思い、どうすれば[カワイイ]と[楽しい]と[新しい]を詰め込めるのか、いろいろ考えました。

本当に光る!“ジャック オー ランタン”のネイルオブジェ

本当に光る!“ジャック オー ランタン”のネイルオブジェ

結果的にすごくストレートですが…【ジャック オー ランタン】。

ハロウィンのモチーフと言えばこれ!の、このカボチャ。

まだ作ってみたことなかった!と気づき、私らしいリアルさを追求して3Dアートで作ってみました。

アクリルで大まかな形を作り、本物と同様に顔を切り出してあります。

ちゃんと中が空洞です。

そして…ちゃんと光ります!

夜の暗闇で光る“おばけネイル”がゆる可愛い♪

夜の暗闇で光る“おばけネイル”がゆる可愛い♪

私がカナダに住んでいた時に見たハロウィンは、さまざまなデザインにカットされた“ジャック オー ランタン”が家々の玄関やテラスに飾られていました。夜にロウソクを灯すとカボチャのオレンジ色が映えて、幻想的でとてもキレイだったので、私の作った(ネイルオブジェの)ランタンも光らせたかったんです。

ハロウィンは、ランタンを灯して夜におばけや魔女が現れる、少し怖くて不思議な世界…

“夜”のイメージが強かったので、おばけのネイルオブジェも作りました。

「Trick or Treat ?」って聞かれたらお菓子をあげたくなるような、ちょっとユルくてカワイイこのおばけも、夜に怪しく浮かぶようにしたかったので蛍光色で色を付け、暗いところでフワ~っと浮かぶようになっています。

夜に似合う、光るハロウィンネイル。あなたなら誰に見せたいですか?

Cool NAILS make you smile!

SAYOKO

この記事を書いた人

  • SAYOKO
  • SAYOKO

    日本人初、CHANEL本社広報誌およびフランス版madame FIGARO誌に掲載された国際派ネイルアーティスト。国内外のコンペで上位入賞する高い技術を活かし、新ジャンル”Nail Objet(ネイルオブジェ)”を発表。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!