そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
3,121
秋冬は乾燥の季節。手元のトラブルは爪のお手入れで防ぐ!

秋冬は乾燥の季節。手元のトラブルは爪のお手入れで防ぐ!

乾燥が気になる季節になりました。甘皮回りのささくれや、爪の横にある硬い角質が目立つ季節です。

小さなささくれをそのままにしていると、ささくれがドンドン大きく硬くなってきて、それが剥けて出血してしまう…なんてことも。

そうなる前にやっておくべきなのが、「爪のお手入れ」です。

ネイルサロンで「爪のお手入れ」ができることをご存知ですか?cranberry nailでは、このネイルケアのみで通ってくださっているお客様も多いです。

ささくれや硬い角質も除去し、ジェルもキレイに長持ち♪

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿
夏のメイク崩れに救世主!トラブル解決に導く驚異の成分とは

ささくれや硬い角質も除去し、ジェルもキレイに長持ち♪

ネイルサロンは、ネイルアートをしたり、マニキュアを塗ったりするだけのところではないのです。

指先をお湯に浸して角質部分を柔らかくして行う「ウォーターケア」をして、ジェルネイルを塗ったり、マニキュアを塗ったりしていきます。

このネイルケアをするだけで、ジェルネイルやマニキュアの持ちが変わってきます!

甘皮部分からルースキューティクルと呼ばれる、目に見えるか見えないくらいの薄い角質が、爪の3分の1くらいを覆っている場合があります。

その角質をしっかり除去することによって、ジェルネイルやマニキュアの持ちが変わってくるのです。ネイルチップを合わせる場合でも仕上がりが変わってきます。

また、「クリームやオイルを塗っているけどささくれが無くならない!」というお客様にもネイルケアをすることで、保湿剤の浸透も良くなって、ささくれなどのできにくい状態になります。

指先の爪の横の硬くなった角質部分も、ネイルケアをするとなお見栄えが違ってきます。

甘皮は取り過ぎてもNG!3週間おきのネイルケアがおススメ

甘皮は取り過ぎてもNG!3週間おきのネイルケアがおススメ

ネイルケアは、とっても奥が深くて難しい技術でもあります。

甘皮を取りすぎると、爪に凹凸を作る原因となってしまう場合もありますので、「1層甘皮の帯を残す」ことも大切です。

しっかりとした技術のあるネイルサロンで「ネイルケア」をオーダーしてくださいね!

お手入れの行き届いた手は清潔感がありますね。

このネイルケア、3週間おきに通っていただくのが理想的です。

鯨岡百合香(cranberry nail)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人