3,900
爪のコンプレックスも解消できる!手の印象が変わるネイルケア

爪のコンプレックスも解消できる!手の印象が変わるネイルケア

みなさんは「ネイルケア」と聞くと、具体的に何をすることだと思いますか?

ハンドクリームやオイルを塗ること?

マッサージやパックをすること?

それも正解なのですが、ネイルアーティストが「ネイルケア」と言う場合は「爪の形を整えて、爪周りの余分な角質を取り除く」という意味で使われています。主に「甘皮のお手入れ」を指すことが多いです。

そのオプションとして、マッサージしたり、カラーリングしたり。色を塗らずに爪を磨いて仕上げる場合もあります。

具体的なネイルケアは、爪の形をネイル用のやすりで整えたあと、フィンガーボールに指先を浸して優しく甘皮を押し上げて、余分な角質やささくれをキューティクルニッパーでカット…の流れで行います。

これだけで、全く手の印象が変わります!

1本だけのワンポイントアートで個性を出す

1本だけのワンポイントアートで個性を出す

写真は「男性の手にネイルケアをして、1本ネイルアートを施す」というネイル技術を競うコンテスト内容の時の写真です。

ネイルアート以外のピカピカの爪は何も塗っておらず、角質除去をして磨いただけです!お手入れだけで、清潔感や統一感が出ると思いませんか?

アートは個性を出したかったので、ネイルオブジェでサーフィンをイメージしてみました。ちょうど7月に開催されたアジアネイルフェスティバルのコンテストテーマが「オフショア」なので、私なりのoffshoreです!

男性も女性も増えているネイルケアこそプロの腕の見せ所

男性も女性も増えているネイルケアこそプロの腕の見せ所!

最近はネイルケアをしている男性も増えています。

まだネイル未体験な男性を始め、お仕事でネイルがNGな方、爪にコンプレックスがある方たちは、ネイルサロンは自分には関係のない場所だと思いがちですが、実はネイルケアこそプロの腕が問われる技術であり、自分では上手くできない部分。本格派のサロンほどネイルケアを重視しているので、一度体験してみると見方が変わるかもしれませんよ!

Cool NAILS makeu smile!

SAYOKO

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • ネイルアーティスト

    SAYOKO

    立体的に見える“ネイルオブジェ”を得意とする国際派アーティスト

    AUTHOR’s page >