2,445




美肌のポイントはファンデから!磨きをかけるようにパウダーを纏う

意外に難しいベースメイク。ベースという言葉の通り、ココが決まればメイクも思いの通りキマル。毎年多くの化粧品メーカーから新しいファンデーションが登場していますね。あなたはどうやって選んでいますか?肌のタイプから?なりたいイメージから?イマドキの質感は艶がキーワードです。最旬肌、その作り方をレクチャーします。今年は、どのブランドでもブラシ付きのパウダーファンデーションが多く目立ちます。でも、パウダーは粉っぽくなるからといって敬遠されがち。正しく使うことで、綺麗なツヤ肌になり、持ちも全然違ってきます。





本当の自分の美しさを知り綺麗を極めるメイク術を磨く❤

肌を美しく見せてくれるファンデーション。自分が目指すなりたい肌はどのようなタイプですか?メイクは色の使い方や、濃さや、塗り方で小顔効果、引き締め効果など欠点カバーはもちろん、チャームポイントを最強に魅力的にみせてくれる女の子だけの魔法のツール。例えばしっとりとしたツヤ肌を保つには、質感はシアーマットのものかパール入りでほんのりツヤが出るものがオススメです。上品なツヤが欲しいからってキラキラしすぎなのはNG!下品になってしまいます。今ドキ肌は、シアーマットな質感のほうがフレッシュでおしゃれ。パフとブラシを使って、必要な部分にだけツヤを出していきます。





【HOW TO】美道家が伝授するシアーマットな肌をつくるには?

①パール入りの下地で中央から外側にのばしていきます。両手でおおってしっかり密着させます。

②リキッドファンデーションで気になる色むらなど、ブラシでつけて行きます。薄く均一に仕上がります。

③大きなブラシで、パウダーを含ませ、少量をふんわりつけます。くるくると磨くようにつけると、ツヤが出ます。

④上瞼と下瞼はパフできっちりおさえます。

⑤最後にテカりやすい小鼻などは小さなブラシでつけます。

★これで持ちがアップ!いろんな種類のパウダーファンデーションがありますので、試してツヤ肌をgetしてくださいね♪
堀田久美子(Blanche)

この記事を書いた人

  • 堀田 久美子
  • 堀田 久美子

    美容師とブライダルメイクの経験を基にメイクとヘアのトータルスタイリングが得意としている。コンプレックスに感じている部分がチャームポイントになるなど個の魅力を引き出すメイクが人気。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!