簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
10,514

毎日やるからこそ気を付けるべきNG行動があった!

毎日やるからこそ気を付けるべきNG行動があった!

女性にとって、メイクは毎日の習慣になっている方がほとんどだと思います。

そんな毎日、何気なくしているメイク…

実はNGな行動をしている方も多いかも…?!

今回はメイク時にやってはいけない5つのNG行動をご紹介します。



簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
ふっくらピン♪夏のスキンケアに救世主!女優肌に導く驚異の成分とは

日焼け止め、パフ、ビューラー…ちゃんと使えてる?

日焼け止め、パフ、ビューラー…ちゃんと使えてる?

①日焼け止めはNG

メイクをする前に、わざわざ日焼け止めを塗っておられる方が多いです。

すっぴんで行動する日だったら必要なのですが、下地やファンデーションやお粉には、全て日焼け止めの成分が含まれています。

日焼け止めは紫外線をブロックする代わりに、お肌にとても負担がかかり、さらに乾燥も引き起こしますので要注意です。

海など、長時間炎天下にいない限りは普通のメイクのみで大丈夫です。

②パフはNG

リキッドファンデーションなどを塗った後(これも塗り過ぎはNG)、お粉をつけますよね?

お粉には基本的に、付属品としてパフがついています。

しかしこのパフでお粉をつけると、つけ過ぎになってしまいます!

お粉をつけ過ぎると乾燥し、メイク崩れの原因にもなってしまいます。

お粉をつける時は大きなフェイスブラシを使うべき!

フェイスブラシにお粉をつけ、ササッとお顔をなでるだけ。これだけでOKです!

お顔を触って、サラサラだとNG! ベタついていればOKです。

後にチークやハイライトなどでさらに粉ものを乗せていくので、むしろなくてもいいぐらいです。

ただし、眉毛の中・目の下・鼻周りだけはしっかりとパウダリーファンデでおさえておいてくださいね♪

③ビューラーの力任せはNG

よく見かけるのが、ビューラーで力を入れている方、引っ張っている方! NGです!

ビューラーは使い方を間違えると、まつ毛が傷んだり切れたりします。

実は、一切力は必要ありません。

軽く人と握手するぐらいの力で大丈夫です。

根元→中間→毛先の三段階に分けてビューラーをかけます。

力は優しく、手首も引っくり返さないようにして、引っ張らないように注意!

きゅっきゅっ、きゅっきゅっと軽く挟むだけで上がります。

ビューラーをライターで温めて使うのも、まつ毛が切れる原因になるのでNG!

④摩擦はNG

ファンデーションを塗る時や、ブラシやチップでアイシャドウを塗る時など、強い力で擦るのはNGです!

お肌は摩擦で傷んだり、黒ずんだりするので要注意! 特にまぶたは皮膚が薄いので気をつけてください。

これは洗顔やスキンケアのときも言えます。お顔は優しく扱ってあげてくださいね♪


メイクアイテムにも注意が必要!お肌にやさしいメイクを心がけて

メイクアイテムにも注意が必要!お肌にやさしいメイクを心がけて

⑤3年以上経っているものはNG

モノにもよりますが、基本的に化粧品の消費期限は2年~3年と言われています。

一見、大丈夫そうに見えても酸化していたりして、つけると衛生面上悪かったり、お肌が荒れてしまったりする原因にもなるので気をつけてください。

また、スポンジやブラシやチップなど、普段使っている道具もできるだけ清潔にしておくと、お肌への負担が軽くなります。

どうでしたか? NG行動はしていませんでしたか?

毎日のことなので、できるだけ気をつけてメイクを楽しんでくださいね♪

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • メイクアップアーティスト

    SATOE

    マイナーチェンジのメイクテクで前向きに輝ける女性を増やしたい

    AUTHOR’s page >

Special 特集