11,049

メイクがうまくできない…そんな悩みは鏡の使い方で解消できる!

メイクがうまくできない…そんな悩みは鏡の使い方で解消できる!

メイクの方法はいっぱい勉強しているのに…

雑誌に書かれた通りに真似してみているのに…

なぜかメイクがうまくできない!

やってみても失敗しちゃう!

いつもアイラインがうまく引けない…

など、悩んでおられる方も多いかと思います。

それを解消する方法、実は「鏡」の使い方に秘訣がありました!



北米女性の間では常識!?劣化しない身体に有用なスーパーフードとは

アイメイクの時はこう使え!鏡の使い方

アイメイクの時はこう使え!鏡の使い方

①目の上をメイクする時には下目遣い

・上のアイシャドウを塗る時

・上のアイラインを引く時

・ビューラーでまつ毛を上げる時

・上まつ毛にマスカラを塗る時

などは、手鏡を目線よりも下の方に持ち、少し人を見下すような下目遣いをするとメイクが簡単です。

また、同時に眉を引き上げるような表情をすると、さらにやりやすくなります♪

アイラインですが、基本的にまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるのが一番効果的です。

そのためには、まつ毛の上から引くと、まつ毛が邪魔して引きにくいです。

また、アイライナーを寝かすように持つのも描きにくい原因の1つ。

アイライナーを書道の筆のように立てて持ち、まつ毛の下から隙間を埋めるように引くとうまくいきます。

それでも難しい方は、手鏡をやめ、置き鏡や洗面所の鏡などを用いて、左手でまぶたを優しく持ち上げ、目をめくり上げると隙間が埋めやすくなります。

②目の下をメイクする時には上目遣い

・下アイラインを描く時

・下まぶたにアイシャドウを塗る時

・涙袋を作る時

・下まつ毛にマスカラを塗る時

などは手鏡を目線よりも上に持ち、上目遣いでメイクするとやりやすいです。

下まつ毛にマスカラを塗る時は、マスカラを横に向けて塗るよりも、垂直に立ててマスカラの先だけで塗るほうが簡単です。


メイクの途中、時々は離して全体のバランスを見る

メイクの途中、時々は離して全体のバランスを見る

手鏡で一部分だけ見ていると、全体的なメイクバランスを見失ってしまいます。

特に眉のバランスは、一度鏡を離して見てみなければ、絶対にバランスが取れません。

リップとチークの色味の強さのバランスなども、鏡を離して確認してみてくださいね。

鏡使いの達人になって、メイクの達人になってくださいね♪


SATOE(KYOTO LOODY)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • メイクアップアーティスト

    SATOE

    マイナーチェンジのメイクテクで前向きに輝ける女性を増やしたい

    AUTHOR’s page >