簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
21,528

二重さん&一重さんのアイメイクお悩み解消法

二重さん&一重さんのアイメイクお悩み解消法

初めて会った方だけではなく、必ず目が行くのは目元。

「あ、この人キレイなのにアイメイクがよれてる」ってだけで、結構残念なイメージになることも。

そこで今回は、二重さん一重さんのお悩みを改善できたらなと思います。

簡単レシピで小尻をGET!愛されモテボディになる方法♪
ふっくらピン♪夏のスキンケアに救世主!女優肌に導く驚異の成分とは

ぱっちり二重さんのよれないメイクテク3つのポイント

ぱっちり二重さんのよれないメイクテク3つのポイント

多くの女性が憧れるぱっちり二重。目が大きく見えると言われるぱっちり二重さん、アイメイクが楽そうに見えますが、意外と二重のラインに沿ってアイシャドウが溜まってしまいヨレたり、アイラインがパンダになったり、目尻にアイシャドウが溜まってしまったり、失敗しやすい一面も。

そこでよれないように仕上げるために重要なのが、油分のバランス。

目の皮膚はとてもデリケートで乾燥しやすい場所です。乾燥し過ぎていたらアイシャドウは割れてしまいますし、逆にベタベタしてしまうと二重のラインどころかグチャグチャになってしまったり…。

ではどうするかというと、

①保湿はしっかりアイ用の物でする。

②お粉はキメの細かい物を使用する。

③アイシャドウベースを使う。

この3点です。

保湿はしっかりアイ用の物でする

保湿はしっかりアイ用の物でする

保湿したらベタベタになっちゃうんじゃない? と思われがちですが、スキンケアしたてはベタベタでも、時間が経てばあっという間にカラカラになってしまいます。

ですので、できればご自身にあったアイクリームを使用していただくことが重要です。

スキンケアの順番はメーカーにもよりますが、基本的にはローション→アイクリーム→美容液→乳液の順番の物が多いと思います。

美容液も塗るのにアイクリームは何故重要かというと、アイクリームは目元の乾燥を意識して作られているので、通常の乳液や美容液よりも乾燥しないようにできているからです。

ですから、可能であればアイクリームを使用していただく、それだけでも乾燥具合はだいぶ変わってきます。

②お粉はキメの細かい物を、③アイシャドウベースを使う。

②お粉はキメの細かい物を、③アイシャドウベースを使う。

そしてお粉! この中でも一番重要なポイントです。

コンシーラー又はリキッドファンデーションを薄めにつけて色味を整えたら、目を閉じた状態で一旦二重のラインでヨレていないか確認後、パフで薄~く、こすらずにお粉でおさえてサラサラの状態にします。

この時に柔らかめのアイシャドウブラシなどで目の上下のキワまで粉を乗せることがポイントです!

粉を乗せたら少しウェットなクリームシャドウや、アイシャドウベースをアイホール全体に伸ばします。

※少しウェットにして頂くことでアイシャドウの粉飛びを防いで、朝からお家に帰るまでアイシャドウがよれる心配がなくなります!

面倒だからと省かない!その一手間が崩れないアイメイクのコツ

面倒だからと省かない!その一手間が崩れないアイメイクのコツ

アイシャドウも先ほど同様にラインにたまらないよう塗ったら、余分な粉を落としてからふんわり明るい色を全体に乗せます。

すごく簡単なことですが、面倒だからと意外と省いてしまっていることをするだけで、家に帰るまでアイメイクを直す必要がなくなるのでオススメです。

またアイラインやマスカラが落ちやすい方も、目の油分が原因のことが多いので、必ずアイクリーム→ファンデーション→粉をしっかりしていれば、アイラインは崩れにくくなります。

ペンシルタイプがパンダになってしまう方は、ペンシルを引いた後に同じ色味のアイシャドウをラインの上に重ねるだけで崩れず長持ちできます。

一重まぶたのお悩みはアイシャドウの位置で目ヂカラUP!

一重まぶたのお悩みはアイシャドウの位置で目ヂカラUP!

アイシャドウやアイラインを引いても、「目を開けたら見えないし、どうしたらいいか分からない」という声が多いように感じます。

一重まぶたの方は、アイシャドウを乗せる位置で、かなりの目ヂカラを出すことが可能です。

ベースは二重の方と同じですが、2色目からは目の上に山を描いていく。イメージで言ったら富士山をイメージします。黒目の上が頂上になるように、2色目は白い雪の部分、最後は下の土台の部分です。周りは放射線状にぼかして頂ければ自然に仕上がります。

そうすることで目を開けた際に目の形が綺麗に見えます。

アイラインも忘れずに!一日中美しい目元をキープして♪

アイラインも忘れずに!一日中美しい目元をキープして♪

黒が目のキワに入ることで目の輝きが変わってみえるので、アイラインも必ず引いて頂いた方が良いです。

最近は目を酷使することも多いため、目薬をよくさす方、お直しする時間がない方も、朝のメイクにちょっとした手間をかけるだけで、一日中美しい目元になるので、ぜひ試してみてくださいね!

MICO

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • メイクアップアーティスト

    MICO

    得意のコントゥアメイクや小顔メイクで、女性の美を引き出す

    AUTHOR’s page >

Special 特集