2,638

モテメイクになる♪押さえておきたい美肌ポイント!

モテメイクになる♪押さえておきたい美肌ポイント!

男性から愛される一番のポイントは、肌と髪のキレイさです。

これは清潔感の問題で、どんなに目を大きくして眉毛がうまく描けても、土台であるお肌が汚ければなんの意味もありません。

ただ、アラを隠そうとしすぎるあまり、ファンデーションなどをこってり塗ってしまうのはNGです!!

艶感を意識し、色も首と合わせ、素肌感を演出するのが大事です。

ファンデーションはうす~く塗り、クマやニキビのトラブルはコンシーラーでそこだけをカバーすればOK!(つける量はごくごく少量)

パウダーも乗せ過ぎずにサラっと!肌を触ってサラサラなようではNGです。

少し水分を感じることができたらBEST!



日本人をよりキレイに見せてくれるファンデーションの色と明るさ

日本人をよりキレイに見せてくれるファンデーションの色と明るさ

ファンデーションの色は、日本人は基本的に黄色人種なので、ピンクよりも黄色みの強いものを選ぶ方がお肌に合う方が多いです。

ご自身のお肌がピンクよりか黄色よりか、見極めてお買い求めください。

次に明るさですが、お顔と首のトーンの差はだいたい2トーンから3トーンです。お顔は何も塗らなくても首よりも前と上に位置しているので、光が当たって勝手に明るくなります。

また、メイク時にハイライトなどでお顔の中心を明るくすることが多いので、ご自身のお肌と全く同じ色・もしくは1トーン暗めの色を選んでいただくと失敗はありません。

私も1トーン暗めのファンデーションを選んでおり、ハイライトなどでお顔の中心を明るくすることによって、自然とフェイスライン(お顔周り)が暗く引き締まるように見せています。

また、1トーン暗めを選ぶと、そばかすやシミなども隠れやすくなります。

元々お肌がくすんでいる方はファンデーションの前にピンク系のコントロールカラーを、赤みがある方はイエロー系のコントロールカラーを使うのも良いですね。


朝や外出先での応急処置にも!クマを隠すにはコンシーラー

朝や外出先での応急処置にも!クマを隠すにはコンシーラー

キレイなメイクの大敵、目の下のクマ。クマを隠すには"コンシーラーテクニック"が最大の鍵です!

目の周りは皮膚が薄いためあえてファンデーションを塗らず、コンシーラーだけでカバーしていきます。

スティックタイプのコンシーラーでカバー力のあるものを選んでください。テクスチャーも柔らかすぎず硬すぎないものがいいですね。

リキッドタイプよりスティックタイプが◎。さらにコンシーラーブラシを使って塗るのがおすすめです。

ブラシを使って、コンシーラーを本当に“少量”取り、“クマだけ”にコンシーラーを乗せていきます! “クマだけに乗せる”のが一番のポイントです!

一般的な茶クマであれば、ファンデーションと同じような色で大丈夫ですが、青クマの方はオレンジの色味が入ったコンシーラーがオススメです。逆色を使うと打ち消す効果があるからです。

コンシーラーを塗った後は軽くパウダーをのせて押さえておいてください。外出先でのメイク直しにも使えるテクです。


SATOE(KYOTO LOODY)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人