8,995
第一印象が変わる?!自分の骨格を知ることが美眉への近道!

第一印象が変わる?!自分の骨格を知ることが美眉への近道!

メイクで一番難しいと相談の多い眉。その中でも一番多い悩みは「左右対称に描けない」ということ。

特に眉というのは目の錯覚を一番起こさせる部分であり、輪郭も表情も自由自在にできるパーツなのでとても重要です。

うまく活用できれば小顔に見せることができ、クールな顔もキュートな顔も演出することが可能ですが、一歩間違えば、お顔が垂れ下がって見えたり、お顔が大きく見えてしまったり、人が話しかけにくいような怖い表情に見えてしまったりするのです。

でも、骨格を意識した眉の入るべき正しい位置さえ覚えれば、無理矢理に左右を合わせる意識をしなくても勝手に左右対称に描くことができます!



眉を描く時の正しい位置を知る3つのポイント

眉を描く時の正しい位置を知る3つのポイント

眉山、眉頭、眉尻の位置をしることが、キレイな眉を描く近道です。

【ポイント1:眉山】
どんな眉を描く時も変わらない位置にあるのが"眉山"です。
これは目尻側の白目の終わりを上がっていったところで、眉骨(眉尻の下あたりに出っ張っている骨)の高くなっているところに位置します。
この位置が目に近くなると男性的なイメージを与えたり、老けて見えたりします。
逆に目から離れすぎると、間抜けに見えたり、おでこの狭い方はさらに狭く見えたりします。

【ポイント2:眉頭】
"眉頭"は、鼻筋の延長線上を通ります。
鼻筋より内側に入ってしまうと神経質に見えてしまいますし、鼻筋より外側になるとこれも間抜けに見え、お顔も外に広がって見えてしまいます。
眉頭が低いとクールでかっこいい・キレイなイメージ。
眉頭が高いと優しくて幼い雰囲気になります。
ただ、眉頭が眉山より高くなってしまうと、いわゆる"困り顔"になってしまいます。

【ポイント3:眉尻】
眉尻は、口角からアイライナーの目尻を通ったところです。そのため、眉はアイメイクが終わってから描くのがベター。
目よりも眉が小さくなってしまうと、お顔が大きく、お顔の横幅が張って見えます。
角度が下がりすぎるとお顔がリフトダウンして見えますので注意です。
また、眉山より眉尻の方が高くなると、怒っている表情に見えてしまいます。



正しい位置をマスターして、“ストレート眉”を手に入れる!

正しい位置をマスターして、“ストレート眉”を手に入れる!

今、流行している「ストレート眉」は、眉山が少し高いぐらいで、だいたい眉頭、眉山、眉尻の3点が同じような高さになるとgood!

これをマスターすれば、今日からあなたも眉美人!自然と左右対称に描けること間違いなしです♪

次回は具体的な眉の描き方をご紹介します。

SATOE(KYOTO LOODY)


 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • メイクアップアーティスト

    SATOE

    マイナーチェンジのメイクテクで前向きに輝ける女性を増やしたい

    AUTHOR’s page >