20,081
基本の描き方を押さえて、美眉を手に入れる


基本の描き方を押さえて、美眉を手に入れる!

毎日メイクをしている中でも眉毛は女性にとって重要な部分のひとつです。わざわざお店に行って整えてもらうほどではないけど、左右のバランスや上手に描けているかが気になるパーツだと思います。実は眉毛が上手に描けないから前髪で隠している、なんて方もいらっしゃるのでは?

そんな方のために、今回は基本の眉の描き方をお伝えします!

キレイな眉を描くために。下準備から始める手順

キレイな眉を描くために。下準備から始める手順

用意するものは3つ。アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、眉マスカラです。眉毛は基本的に薄く薄く塗り重ねるイメージで描くと自然に描けるので、肩の力を抜いて試してみてください。

① 眉の下地にパウダーやファンデーションを塗る

まずは眉を描くための下準備をします。化粧水をつけた後すぐにメイクをすると、眉の皮膚部分に脂分が残ってしまい、べたっと濃い眉に仕上がってしまいます。

② 眉を描き始めるためのガイドラインを定める

アイブロウペンシルを使って、

・小鼻のくぼみの延長線上に眉頭

・黒目の外側と白目の外側のちょうど中央ラインの延長線上に眉山

・小鼻の外側と目尻をつないだ延長線上に眉尻

3箇所にポイントでしるしを入れます。

③ 眉の描き始めは、眉山~眉尻から描く

眉尻は目のカーブと並行になるように描くととてもキレイに見えます。右の眉を描く時は首を左に向けて横目で鏡を見て、眉山から眉尻へと一定方向で眉を描きます。

くっきりした目鼻立ち&小顔効果も!キレイな眉毛の仕上げ方

くっきりした目鼻立ち&小顔効果も!キレイな眉毛の仕上げ方

④ 眉頭~眉山の眉を描く

眉の上のラインを描き、1本ずつ線を描き足すようにして眉を描き、太さを調整します。ここでご自身の眉毛が少ないという方は、その眉毛の隙間を埋めるように描いていきましょう。

⑤ 眉を利用して薄くノーズシャドウを入れる

ここでアイブロウパウダーを使用します。市販のものでも濃い色と明るい色が2色以上セットになっているものを使います。

まず付属の短く尖ったブラシに濃い方のパウダーを付けて、眉山から眉尻を濃くします。こうすることで横顔が引きしまり、小顔に見える効果も!

次にふわっとしているブラシで薄い方のパウダーを使って、眉頭~眉山にむかってパウダーを乗せます。この時はパウダーを埋め込む事が目的なので、毛流れに“逆らって”パウダーを乗せることがポイントです。さらにもう一工夫。ほとんどパウダーが残っていないブラシを使って眉頭~小鼻に向けて薄くノーズシャドウを入れます。これでくっきりした目鼻立ちが手に入ります!

⑥ 最後に眉マスカラを塗ってフィニッシュ

眉マスカラを使うと透け感を演出することもできるので、まだ使ったことのない人もぜひお試しください♪塗り方は簡単で、眉マスカラをたっぷりとって毛流れに“逆らって”塗った後に、毛流れを整え直すようにコームで眉をとかす要領で流します。

眉はしっかりと描くと目ヂカラアップ効果が見込めるお顔の中の大事なパーツ。今まで我流でなんとなく眉を描いていたという方は、ぜひこの方法で眉を描いてみてください!

堀田久美子(Blanche)

この記事を書いた人

  • 堀田 久美子
  • 堀田 久美子

    美容師とブライダルメイクの経験を基にメイクとヘアのトータルスタイリングが得意としている。コンプレックスに感じている部分がチャームポイントになるなど個の魅力を引き出すメイクが人気。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!