8,929

ルーズに崩したお団子アレンジ、メッシーバンで差をつける!

ルーズに崩したお団子アレンジ、メッシーバンで差をつける!



最近はセルフでもサロンでも、よくお団子アレンジを見かけます。

全国的に見ても流行っているスタイルなんだと思います!

シニヨンアレンジやバン(お団子)アレンジは、どんなシーンにも臨機応変に対応してくれますし、セルフでもできるお手軽さがあるので、人気が出るのは何となく分かる気がします!

アレンジとしての幅も広いので、サロンでも凝ったりこだわったりできるスタイルで、ヘアメイクさんの個性も多いに出せる優良アレンジだと思います。

今回はその中でもメッシーバン。

ルーズなお団子アレンジの微妙な差をご紹介したいと思います!

男性が可愛いと思うヘアスタイルは、計算されたアレンジだった!

男性が可愛いと思うヘアスタイルは、計算されたアレンジだった!

崩れた、または無造作な感じを表現するアレンジなのですが、計算された無造作なスタイルは、ほどよいスキを見せて女性の色気を引き立ててくれます。

また、そのゆるふわなシルエットは柔らかく、エアリーな印象を与えます。

女性の甘さと艶っぽさを同時に出せるので、大人には嬉しいアレンジです。

重要なのは位置なのです。

メッシーバンをトップの位置に持ってくると顔の印象が明るくなり、キュートでかわいらしい雰囲気がアップします。

ミドルの位置は清楚で、かわいいと綺麗の間くらいの印象を与えてくれます。

アンダーの位置は大人っぽい印象で、色気がとても出ます!!

どの位置でもポイントは顔周りのヘア。

サイドをふんわり残すことで、メッシーバンの醍醐味であるオンナ度をさり気なくアピールできます!

また、TOPバンは縦のラインを強調してくれるので、スタイルアップ効果も◎

今回はミドル~トップにかけての中間くらいの微妙な位置でのメッシーバンアレンジを!

メッシーバンはタイトに仕上げて女子力アップ♪

メッシーバンはタイトに仕上げて女子力アップ♪

中間くらいの位置だと、後れ毛などの処理やお団子部分の大きさや形のコントロールもしやすく、シルエットを整えやすいです。

ただ普通にメッシーバンをする場合は、どちらかというとタイトめな仕上がりがオススメです!

大きくしたい場合はウェーブなどの下地を先にしてからが◎。

ウェーブの方が後出し的にシルエットを調整できるので楽ですよ!

普通にする場合は、髪を引き出して崩していくとどんどん他の毛が出てしまって汚くなっていくので、タイトめにある程度のラインで止めることをオススメします。

ルーズの加減で雰囲気や表現が変わっているのが分かるかと思います!

前から見た時にバンが見えるか見えないかくらいのルーズさが、ミドルの位置ではオススメです。

トップやアンダーに比べ、横からのシルエットを調整してくれます。

位置や無造作加減、プラスαのアレンジでかなり多彩な表現ができますので、ぜひ皆さんチャレンジ、またはオーダーをしてみて下さい。

吉田忍

この記事を書いた人

  • 吉田 忍
  • 吉田 忍

    メイクとヘアメイクの歴11年。コンテストでも優勝歴有。芸能人のヘアメイクとしても活躍。名古屋のセットサロン勤務。海外アーティストの師事も仰ぎ、国内外のスキルを幅広く持っている。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!