4,087
三つ編み込みを一工夫でブラッシュアップ!

三つ編み込みを一工夫でブラッシュアップ!

Brush Up(ブラッシュアップ)とは、磨き上げるの意味です。

アレンジが好きで始めたのに、いつの間にか習慣になって、目的が「楽しむ」から「実用性」に変わっていませんか?

仕事中に髪が邪魔、うどんをすする時にも邪魔、確かにそれは分かります。でももう一度、あのアレンジを始めた時の楽しさを思い出すために、普段のアレンジをブラッシュアップしてみましょう!

まずTOP画像。何でもない三つ編み込みを後ろで作っただけなんですが、毛束の取る場所を規則的に変えています。たったこれだけ。三つ編み込みができる方ならスグに取り入れることができるかと思いますが、慣れない方はまず手元が確認しやすいサイド寄りで練習するのをオススメします。

フィッシュボーンもアレンジ次第でドレッシーに♪

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿

フィッシュボーンもアレンジ次第でドレッシーに♪

さらに変化を楽しみたい方はこちらのフィッシュボーンはいかがでしょうか?

さっきのデザインをフィッシュボーンで作り替えただけなんですが、フィッシュにしたおかげで繊細さやドレッシーさが増したかと思います。上手に仕上げるコツは何よりベースとなる髪の毛が綺麗であること。クッションブラシなどでとかしたり、柔らかめのスタイリング剤を使ったりするのも良いですね♪

いつもの編み方の留め方を変えるだけでも印象が変わる!

いつもの編み方の留め方を変えるだけでも印象が変わる!

とはいっても全部難しすぎるじゃないですか…という方には最後のアレンジがオススメ。

注目してほしいのは編み込み部分じゃなくて、毛先の留め方。編み込みはなんでも良いです。毛先は編まずにカラーヘアゴムを使って遊びながら留める感じです。

今回使用したのは信号カラーです。100均のヘアゴムはあなどれないですね。

僕たちがサロンワークで提供するデザインには、知識、経験、テクニック、トレンド、独創性など様々なものを僅かな時間に詰め込みます。でも気軽に楽しむのに必要なのは好奇心で十分! 皆様の発想に僕たち美容師は期待しています。

福原慶之(intim hair)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

  • 美容師

    Fukuhara

    アートなアレンジや技術を持つ職人気質の美容師

    AUTHOR’s page >

Special 特集