8,420
2016年ヘアカラーのトレンドは淡い色!


2016年ヘアカラーのトレンドは淡い色!

2016年のトレンドを作る、注目したいヘアカラーは「ピンク系・ブルー系」ペールトーン、淡い色合いの髪色です。

高明度のカラーのニュアンスであれば、ブルー系は男女問わず流行の兆し間違いなし!

2015年は黒髪や暗髪が流行中でしたが、これからは黒髪は卒業して透明さを出しながらブルー系カラーを極めましょう。

ブルー系は男女問わずトレンドの兆し

ブルー系は男女問わずトレンドの兆し

写真はブルーアッシュ。

カラー剤やブリーチで一度、髪を12トーン以上、高明度に明るくし、12~14トーンのブルーアッシュを入れれば誰でも簡単に可愛くなれちゃいます。

ブルー系は他にもシャーベットアッシュ、グレーアッシュ、ブルーパール、プラチナアッシュなど色々ありますよ。

派手過ぎないカラーならオフィスにもOK!

派手過ぎないカラーならオフィスにもOK!

そして、もう一つがピンク系、写真はスモーキープラムです。

手順はブルー系と同様に施術してもらえばOK! ロングヘアの場合はグラデーションとの相性も抜群でおすすめですよ。

ピンク系は他にもピンクパール、ピンクブラウン、ネイビーピンクなどニュアンスは様々、自分のお気に入りの一番似合う色を、美容師と探すのも一つの楽しみ方かもしれませんね。

あまりに明る過ぎるカラーが職場や学校でNGの方には、ハイライトがオススメ。細く全体に入れればハデになり過ぎないので、自然にイメチェンが可能に。巻いた時にも動きがキレイに見えますよ。

アップスタイルが多い方にはグラデーションがBest! おだんごや夜会巻きで毛先を見えなくすれば明るさは一切分かりませんので、安心して楽しめますよ。

カラーはその人の雰囲気を一番変えるものなので、オシャレに決めましょう!

YUTAKA(GRAND LINE)

この記事を書いた人

  • YUTAKA
  • YUTAKA

    東京の人気有名サロンの店長を経て、2014年に京都の四条烏丸に『GRAND LINE』設立。2015年には東京・銀座に店舗展開として進出!!サロンワーク以外に雑誌の撮影や有名女優のヘアメイクとして活躍。カットへの信頼は絶大で、全国からお客様が訪れる。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!