3,601
シンプルかつやり過ぎない♪ちょうどいいのがオシャレのポイント

シンプルかつやり過ぎない♪ちょうどいいのがオシャレのポイント

今回は「巻くか巻かないか」。ストレートもゆる巻きも上手に楽しんだもん勝ち!

最近ファッションではどんどん“こなれ感”がキーワードの一つになってるんじゃないか?と思うほど。シンプルかつやり過ぎていないちょうどいいオシャレが注目されています♪

そんな中、ヘアスタイルもそうなんですが、「ストレートがいいの?巻き髪がいいの?」と疑問を感じている方も多いですよね。

「なんとなく巻いている」くらいが◎。

そんな甘々で大丈夫??ベッドで起こった女と男の悲しい事件簿

「なんとなく巻いている」くらいが◎。

一美容師の個人的意見としては…

ストレートはちょっぴり巻いた方が良い。

&

巻き髪は何となく巻くくらいが良い。

どちらも難しいかもしれませんが…ポイントは寄り過ぎないこと。

ストレートも巻きも、きれいすぎるとダメなんです。

「なんとな~く」くらいが良いんです♪

例えばストレートなら100円ショップとかにあるマジックカーラーを使って、左右2つに分けた毛先から巻きこんで、ドライヤーで温めて冷めたら外すくらい♪

巻き髪ならカールアイロンを150~160°くらいにセットして、同じく左右2つに分けた毛先から巻きこんで1・2・3でゆっくり外してほぐすくらいです。

キレイにし過ぎずほどよい崩し方がオシャレのコツ

キレイにし過ぎずほどよい崩し方がオシャレのコツ

少し伝わりにくいのでまたハウツーのコラムにもしますね♪

やり過ぎないくらいにするんじゃなくて、ストレートでも何となく巻いたり、巻き髪なら何となく巻いてほぐしたり。

ちょっとだけキレイなストレートや、巻き髪にしない一手間が、オシャレヘアを楽しめるコツかもしれません。

どちらも上手に楽しんで、オシャレを楽しみましょう♪

ではでは~。

松井愛士(release SEMBA)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人

Special 特集