7,971
秋にやっぱり人気!暗髪へアカラーの楽しみ方


秋にやっぱり人気!暗髪へアカラーの楽しみ方

今回は「人気の暗髪へアカラーを楽しむならこんなスタイル♪」です。

前回コラムで秋は明るめもオススメと言いながら、なんだかんだ暗めが多くなるこの時期であり、季節を問わず暗髪オーダーが多い時期でもあるのは事実。

でも、なかなか上手に楽しめていない方が多いのも、また事実なんです。

今回お伝えしたいのは「ツヤORクスミ」&「顔周り×シルエット」が、暗髪を楽しむ上でとても大切ということです。

柔らか&クスミを出して、秋っぽさを表現♪

柔らか&クスミを出して、秋っぽさを表現♪

まずは「ツヤORクスミ」。

今回はクスミのイメージをご紹介します。

暗髪をする時にこだわって欲しいのは、艶を出すのかクスミを活かすのか?なんです。

ツヤもクスミも中途半端になると、雑誌でご覧になっているような暗髪ではなく、ただの暗めのカラーになっちゃうんです。もったいないですよね。

そう、なので楽しむならツヤツヤで深みのある暗髪か、今回のイメージのように柔らかクスム暗めでも重々しく感じさせない暗髪か、そのどちらかなんです。

前回コラムにもあったように、これからの秋の季節は日の光が下がり、ヘアカラーを優しく見せてくれる力もあります。

そうなれば白っぽいアッシュの透け感のある暗髪が、僕は特におすすめです♪

フリンジバング×甘ふわシルエットとの組み合わせが◎

フリンジバング×甘ふわシルエットとの組み合わせが◎

そして「顔周り×シルエット」です。

お好みもあると思うのですが、オススメはフリンジバング×甘ふわシルエットがオススメです。ツヤ重視の方はサラサラストレートがベストですが、クスミ重視の方には特におすすめです!

ちなみにフリンジバングとは…

少しお顔のスペースに入ってくる、細めの束感のある前髪や顔周りの髪のこと。

そして甘ふわシルエットは硬さの残っていない、ほぐしきった巻き髪のこと。

これはいつもよりしっかりめに巻いた後にブラシやくしで梳かすだけで、簡単に柔らかくて甘さのある質感の巻き髪になるのでカンタンです♪

きっと秋の光がもっと素敵に演出してくれますよ♪

どうしても暗めの髪は単調な感じになって、なかなかオシャレに楽しめてない方が多いイメージですが、今回お伝えしたように少し極端にテイストを創っていくことで暗髪を楽しめたりできちゃうんです♪

ぜひぜひご参考までに♪

松井愛士(release SEMBA)

この記事を書いた人

  • 松井 愛士(AIJI)
  • 松井 愛士(AIJI)

    release SEMBA店長。ヘアメイクコンテスト優勝など賞歴多数。大阪トップクラスの撮影技術で業界紙への掲載や雑誌・ヘアカタログなどの撮影に携わるほか、ヘアアレンジやカットの講師など幅広く活躍中。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!