36,756
根元が黒くなっちゃった!そんな時の応急処置の方法とは

根元が黒くなっちゃった!そんな時の応急処置の方法とは

美容院と予定が合わなくて、気がつけば髪の根元が黒くなってきた!なんてこと、ありませんか?そんな時に自分でキレイにカラーができればいいけれど、思った通りのカラーが出なかったり、ムラができてしまったりと、失敗しがち。

今回は、そんなどうしても美容院に行けない場合の応急処置!セルフカラーの選び方からやり方までを美容師目線で教えます。

まずカラーをどうやって選ぶのか?

美容室で7割の方は赤味を抑えたアッシュカラーを希望されます。ですから今回はアッシュ系カラーの選び方に特化しておきます。

簡単に教えます!ブリーチされている方は別として、日本人の髪は赤味が強いです。とにかく緑が強い見本のカラーをお店で選んで下さい。ベージュっぽくて綺麗な色だな〜と思って選んでも、さほど希望の色になりづらいです。

緑が強い色を選ぶことで、アッシュの仕上がりになります。詳しくはハイヤマカシのYouTube動画でホームカラーを検索してくださいね!

洋服にカラー剤が付くと落ちづらいので注意してくださいね!

セルフでもキレイにカラーが染まる♪プロが押さえているポイント

セルフでもキレイにカラーが染まる♪プロが押さえているポイント

カラーを塗る準備ができましたら、まずは薬を作る前に手袋をつけます!手袋が動かない様に手首のあたりに輪ゴムを一本とめておきます。

【用意するもの】

① 水スプレー

② 市販のリンスを水で少し薄めたもの(ヨーグルトくらいの硬さまで薄めて下さい)

では!染めて行きましょう!

ここでは1番多いパターンをベースに考えていきます。根元が3〜5㎝伸びていて、毛先の色がはがれている状態です。

【実際に染めていきます!】

① 髪全体を水スプレーで濡らします(水が垂れない程度です。目的はムラを無くすためです)

②中間から毛先に薄めたリンスをつけます(色が入りすぎない様にカバーリングします)

③ハケで塗る方法もありますが、ハケで梳かすと薬剤が毛先〜さらに毛先にたまっていきます(薬剤が溜まっているところが1番染まると思ってください)梳かすと結果根元が染まりません。

根元から中間に薬剤が溜まる様にしてください。そこで有効なのが指で塗ることです。地肌につかない様に指を曲げて円を描きながら優しくシャンプーする感じです。何度もやるとそこまでムラになりません。

④残った薬5に対して、薄めたリンスを1まぜます。5:1の配合ですね!よく混ぜましたら中間から毛先を手で塗布していきます。

⑤根元側と中間のつなぎ目は毛量もありムラになりやすいので、両手の指を合わせながら、しっかり塗布していきます。耳まわりもムラになりやすいので、注意です。

⑥髪全体にラップをして10分放置します。

⑦根元が明るくなり過ぎていないか中間テストします。できればここでもう一度全体に馴染ませた方がより綺麗に染まります。ここでハケの登場です。全体を梳かしていきましょう。

梳かした時に薬剤が溜まると思いますので、色の入りが悪い場所に手で置いていく様に塗布しておきます。

さらに10分放置します。

⑧いよいよお流しです。

まずはシャワーのお湯を全体に10秒かけます。シャワーをとめて揉み込みます!ここが意外と大切ですよ!

もし付属でアフタートリートメントが付いていれば最後じゃなく、ここのタイミングでつけましょう!

薬剤と揉み込むことで、色が安定していきます。

⑨シャワーで全体を流し、通常通りシャンプーをしていきます。

このようなやり方でやっていただければ、より綺麗に染まるでしょう。1番やってはダメなのが、梳かしすぎて毛先ばかりに薬がたまり、毛先が更に痛んで色が汚く残留してしまうことです。

傷みの原因にもなるセルフカラーの注意点

傷みの原因にもなるセルフカラーの注意点

最後にもう一度、注意点を言います。

薬剤がたくさん付いている(薬剤の層が厚い)所は良く染まるということです。

セルフカラーには限界があります。あくまでも応急処置で使用してください。美容院で正しく染めた方が痛みは少なく、パーマなども綺麗にかかります。

セルフカラーの問題点は痛みすぎて、パーマなどが綺麗にかからなくなることです。セルフカラーによっての問題って意外と美容師をしていると感じることが多いです。

詳しくはハイヤマカシのYouTube動画でセルフカラーを検索いただければ理解していただけるかと思います。

後藤孝一(ハイヤマカシ)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人