1,187
リフトアップに力は要らない?!ゴリゴリこするのはNG!

リフトアップに力は要らない?!ゴリゴリこするのはNG!

美容アイテムって、その効果を活かすも殺すもちょっとした知識や方法次第なのです。

最近流行りの“美顔ローラー”や“かっさ”。綺麗になりたい一心でお手入れしていると、いつの間にかビックリするくらいに力が入っていた…みなさんにもそんな経験があるのではないでしょうか。

既にご存知だと思いますが、皮膚はとても繊細なので力を入れ過ぎることはタルミの大きな原因となってしまいます。どうにかしたいという強い気持ちが強い力となって、美の妨げになってしまうのです。

新しい視点からのリフトアップ法とは

新しい視点からのリフトアップ法とは

「できるだけソフトに」と初めは優しくお手入れするものの、気づけばまたゴリゴリと…

そんな美容に一生懸命なあなたに朗報です。

顔に触って力が入ってしまうなら、顔に触らない方法でリフトアップをしましょう!

日本美容矯正協会の美容矯正は、リフトアップや小顔効果のために顔にはほとんど触れません。メイクを落とす必要のない施術法でリフトアップ効果をもたらします。

今日は数ある手技の中から1つ、みなさんに簡単な方法をお届けしようと思います。ぜひ試してみて下さいね。

メイク直しのついでに♪顔に触れることなくリフトアップする方法

メイク直しのついでに♪顔に触れることなくリフトアップする方法

かっさをご用意ください。お持ちのもので大丈夫。

髪の生え際をスライドさせます。

おでこの中央の生え際から始まって後頭部まで。髪の生えているところと顔を、ジグザグと交互に縫うようにスライドしていきます。

もちろん軽ーく。片側が終わったら、鏡で左右を見比べてください。

あーらなんということでしょう!フェイスラインがキュッと上がっていませんか。

これなら簡単力いらず。メイク直しのついでにこっそりリフトアップもできますよ!

美しい毎日をお過ごしくださいね。

竹中三千代(Michiyo Style)

 記事に関連するキーワード


この記事を書いた人