2,820
朝履けたブーツがきつい…そんな足のむくみは一日の疲れから!


朝履けたブーツがきつい…そんな足のむくみは一日の疲れから!

夕方になると、ブーツがパンパン!そんな経験はありませんか?

夕方から夜にかけては、足首・ふくらはぎがむくみやすくなるのです。

「むくむ」とは静脈やリンパの流れが悪くなり、体内に余計な水分がたまっている状態のことです。

一日中立ちっぱなしや同じ姿勢で座っていることが多い方は、夕方には特にむくみやすくなります。きつめのパンツスタイルや細目のブーツの長時間着用もそうですね。

ふくらはぎのむくみ解消にお役立ち! 5つの対処法

ふくらはぎのむくみ解消にお役立ち! 5つの対処法

そんな一日の疲れからくる足のむくみ解消に効果的な対処法を5つご紹介します。

【足のむくみ対処法】

①利尿作用や血行促進効果のある成分を含んだ食品を上手に取り入れる。

水分を排出する作用のある、カリウムを多く含む食品はおススメです(さつまいも・アボカド・バナナ・あずきetc)

②ふくらはぎを動かす

座っていても、かかとを上げたり下げたりして動かします。デスクワークで集中していると、気付いたら1時間以上同じ姿勢という場合もけっこうあるようです。少なくとも1時間に1回はふくらはぎを動かして、筋ポンプ(筋肉の収縮と弛緩の作用)を活性化させるといいです。

③足のマッサージをする

夕方ブーツを履く前に、数分でもいいので、ふくらはぎを下から上になであげるようにマッサージしてあげるといいです。

バスタイム時にお湯に浸かりながら同じようにマッサージするのもおススメです。

お塩はむくみ取りに良いので、バスソルトを入れるのもいいですね。

精製されていない粗塩の方がミネラル豊富なので、美肌効果にもGood。

④着圧ソックスを利用してみる

血行を良くする着圧ソックスを履くことで適度な圧迫力が加わり、むくみを予防します。むくんでから使用する場合は、少しふくらはぎをマッサージしてから履きましょう。

タイツやレギンスなど、いろいろなタイプの物があるので、シーンに合わせて上手に取り入れるといいですね。

⑤足を高くして休息を取ったり、筋肉を付けたりする

むくみやすい体質の方は、意識して筋ポンプ作用を促すことにつながることを取り入れることがおススメです。ふくらはぎに筋肉のある人の方が筋ポンプ作用は活発です。

疲れはその日のうちにリセット!~My検証結果・必須ワザ~

疲れはその日のうちにリセット!~My検証結果・必須ワザ~

一日の疲れは、その日のうちにリセットして取る・・・これは外面的にも内面的にも理想ですね。

ふくらはぎのむくみに関しても、一日の疲れをその日のうちに解消してあげると、結果、むくみにくい体質になり、夕方ブーツがパンパン!なんてこともなくなると思います。

対処法を上手に活用して、むくみにくい足をキープすればブーツも楽々イン♪秋冬のファッションを楽しんでくださいね。

榎原由子(MoreRavi)

この記事を書いた人

  • 榎原 由子
  • 榎原 由子

    1967年2月7日生まれ。エステテシャン。20代の頃から、外面の意識を3、内面の意識を7、3:7の割合で“美”を追求。実年齢より10歳以上若く見える美肌を保ち続け、TV取材など多方面で活躍中。

    この人が書いた記事を見る


関連するキーワード




Recommend link おすすめリンク


Authors の Instagram・Twitter アカウントも更新しています!ぜひご覧ください!